調査リポート
» 2008年09月26日 07時00分 UPDATE

20代ユーザーの約4割が「シンプル携帯に注目」

アイシェアが“多機能ケータイとシンプルケータイ”に関する意識調査の結果を発表。約6割が多機能ケータイに注目すると回答する一方、シンプルケータイに注目するという20代ユーザーも約4割に達した。

[ITmedia]

 アイシェアは9月25日、「多機能携帯とシンプル携帯に関する意識調査」の結果を発表した。調査は8月27日から29日まで、同社の無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に実施したもので、有効回答数は801人。

 同調査によれば、スマートフォンや多機能携帯とシンプル携帯を比較した場合、スマートフォンや多機能携帯に注目すると回答した“多機能携帯派”が58.2%、シンプル携帯に注目すると回答した“シンプル携帯派”が41.8%となった。男女別では、男性の多機能携帯派は63.1%とシンプル派を上回ったが、女性は多機能携帯派が52.3%、シンプル携帯派が47.7%と、両者の差は小さかった。年代別に見ると多機能派は若い世代ほど多いが、その差は6ポイント程度で、20代のシンプル派も38.6%にのぼった。

 多機能を支持する理由を複数回答形式で聞いたところ、「1台に多くの機能がつまっているから」が62.2%でトップ。次いで「通話よりもメールを多く使うから」が51.5%、「通話よりもインターネットを楽しみたいから」が46.8%と並んだ。これに対してシンプル携帯派の支持理由は、「使わない機能があり、それがない分、割安だから」が56.7%で最多となり、「最低限の機能だけあれば良いから」が54.6%と僅差で続いた。

 シンプル携帯派は年齢層の高いユーザーに多いが、「最低限の機能だけあればよいから」「多機能携帯は機能が複雑で分からないから」という理由については20代の選択率が他の世代を上回った。その他の理由として「携帯は軽いほどよい」「小さい機体がよい」という声もあり、NTTドコモの「らくらくホン」人気や、機能を絞って薄さや使いやすさを重視した70xiシリーズの好調の背景には、シンプルさを求める若者のニーズもありそうだ。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.