レビュー
» 2008年09月29日 18時01分 UPDATE

クルマで使う「iPhone 3G」:第6回 「速度超過アラート」アプリで安全運転 (1/3)

iPhone 3Gと多彩なiPhoneアプリは「クルマに乗ってどこか行こう」という気分にもさせてくれる。今回はそんな「ちょっと遊んでみよう」という気持ちにさせてくれそうなiPhoneアプリをいくつか試してみる。

[岩城俊介,ITmedia]

photo  

 「iPhone 3G」は、ここ最近の訳のわからないガソリン価格の変動で乗る気が失せていたクルマに、何となくでも乗る機会を増やしてくれた。

 これは大きな3.5インチのタッチパネルディスプレイやGPS、通信機能といった基本スペック以外に、好みであれこれ追加できる多彩なiPhoneアプリの存在が大きい。「あ、これでちょっと遊んでみよう」という気持ちにさせてくれるためだ。今回はクルマでちょっと遊んでみようと思えたiPhoneアプリをいくつか試してみる。


速度だけ示してくれても、じつはほとんど意味ないのだが

 まずは「Speed」と「SpeedBox」(無料 リンクをクリックするとiTunesが起動します。以下、同)。どちらも現在の移動速度を示してくれるシンプルなiPhoneアプリだ。内蔵GPSを用いて、計測区間の移動距離と経過時間から現在の移動速度がデジタルメーターで表示される仕組み。更新は数秒(2秒ほど)おきに行われる。

photophoto 左:Speed 右:SpeedBox

 Speedは、円形のメーターに「**km/h」と速度がデジタル表示されるだけのシンプル仕様で設定項目もないが、“バックスキンをあしらったパネル風”の背景が少しクルマっぽいかなと思える。SpeedBoxはさらにシンプルに、黒地に大きなフォントで速度がデジタル表示されるだけだが、GPS電波の測位状況が表示され、表示スタイルも「キロ/時」と「マイル/時」のどちらかを選択できるようになっている。

 ただ、速度計はおそらくほぼすべてのクルマに標準で備わるものであり、「だから何?」的なアプリではある。速度計がない自転車などにマウントキットとともに搭載して活用するのであれば有効かもしれないが、クルマではもの足りない。

 では、「Speedster GPS」(115円)はどうだろう。260キロ/時まで刻まれたアナログ風のメーターがなかなかかっこいい速度計アプリだ。

photophoto アナログメーターがなかなかかっこいい「Speedster」。速度推移のログが残せる

 Speedster GPSの大きな特徴は速度ログを残せること。画面の上半分に標高+デジタル表示付きの速度メーター(キロ/時、マイル/時、ノット表示に切り替え可能)、下半分に2秒おきに集計された速度ログとGPS測位状況が表示され、速度を逐次集計してくれる。集計したログデータはメールで送信できる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう