調査リポート
» 2008年09月30日 07時00分 UPDATE

スマートフォンの認知度向上、7割に

ネットエイジアがスマートフォンのイメージに関する調査結果を発表。スマートフォンを認知しているという回答は7割に達し、そのイメージについては半数超が「小さなPCのような携帯電話・PHS」と答えている。

[ITmedia]

 ネットエイジアは9月29日、「スマートフォンのイメージについての調査」の結果を発表した。調査は9月19日から同21日まで、全編Flashの動画型ネットリサーチ“リサーチTV”で実施したもので、有効回答数は793人。

 今回の調査によれば、スマートフォンに関する認知度は「内容は知らないが、名前は知っている」が50.9%、「スマートフォンの内容を知っている」が19.9%となり、「スマートフォンを認知している」回答者は全体で7割にのぼることが分かった。

 性別でみると「内容は知らないが、名前は知っている」は、男性が47.1%、女性が53.7%、「スマートフォンの内容を知っている」は、男性が35.1%、女性が8.9%となり、名称の認知については女性の方が高く、内容については男性の方が高いことが分かった。なお、PCでのインターネット利用時間が長い回答者の方が、スマートフォンの名称の認知や内容についての理解が高いことも分かった。

 「スマートフォンの内容を知っている」「内容は知らないが、名前は知っている」と回答した回答者562人に、スマートフォンのイメージを複数回答形式で聞いたところ、「小さなPCのような携帯電話・PHS」が55.3%でトップ。これに「高機能な携帯電話・PHS」が30.4%で続いた。

 さらにスマートフォンと一般の携帯電話で異なる点について、複数回答形式で聞いたところ、「キーボードが付いている」が48.1%、「パソコンとの連携性がある」が30.1%、「Microsoft OfficeなどのPCで使用しているアプリケーションソフトが使える」が26.0%、「PCで使用したファイルをそのまま使える」が24.8%と並んだ。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.