ニュース
» 2008年09月30日 15時33分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2008:VGA画面でノイズを抑えた高精細なワンセグを――ドコモとモルフォ、動画拡大技術を披露

VGAのケータイ画面でもっときれいな動画を見たい――。こんなニーズに応える画像処理技術をドコモとモルフォが開発し、CEATEC JAPANのドコモブースで披露した。低解像度の動画をソフトウェア処理で高精細に拡大するとともに、圧縮時に生じるノイズも軽減する。

[後藤祥子,ITmedia]
Photo 「高先鋭・高画質 映像拡大技術」のデモの様子

 ドコモのハイエンドケータイは、ワイドVGAディスプレイの搭載がほぼ標準になりつつある。しかし、表示するコンテンツのクオリティは、それに追いついていないのが現状だ。例えばワンセグはQVGAで放送されているため、そのままではせっかくのワイドVGAディスプレイが生かされず、YouTubeなどのネット動画もPCで見るより画質が劣っている。

 こうした課題の解消に向け、ドコモとモルフォが共同開発したのが、ソフトウェア処理で低解像度の動画を拡大し、ノイズを除去する「高先鋭・高画質 映像拡大技術」だ。両社は2007年10月、画像処理技術の開発で資本提携しており、今回披露した技術が初の成果となる。

 この技術の特徴は、低解像度の動画をリアルタイムで高精細に拡大しながら、ブロックノイズやモスキートノイズ、ちらつきを抑える処理も同時に行っている点だ。QVGAのワンセグを拡大して高精細化する機能は、すでにいくつかの端末に搭載されているが、「合わせて圧縮ノイズを減らすのは難しく、両立を実現しているものは少ない」と説明員。また、この技術は既存の拡大・高精細化技術と組み合わせることもでき、例えばすでにハードウェアで処理を行う拡大・高精細化技術を持つメーカーが、ソフトウェア的にノイズを処理する部分のみを使うことも可能だ。

 「この技術は、ワンセグやiモーションなどの動画コンテンツをケータイで視聴する時だけでなく、ダウンロードしたコンテンツをテレビに出力したり、コンセプトモデルで展示した“プロジェクターケータイ”で投影するような時にも役立つ」(説明員)

 すでに携帯端末に組み込み可能なレベルの処理の高速化はめどがたっており、来年度の提供に向け、開発を進めるとしている。

sa_dm03.jpgPhoto 左が従来の拡大技術を利用した動画。右がドコモとモルフォが開発した技術で拡大した動画。圧縮時に発生するノイズが軽減されているのが分かる

Photo デモではバイリニア法による拡大表示と新技術を利用した拡大表示を比較。ドコモとモルフォの技術を使った拡大は、QVGAをVGAに、VGAをQuad-VGAにするといった倍の解像度への拡大を得意とする
携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-