連載
» 2008年10月10日 18時57分 UPDATE

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:清く正しく楽しく“笑顔が撮れる”カメラ、顔認識AFやスマイルシャッターも実用レベル──「N906i」 (1/5)

ドコモの906iシリーズは、どれも“ほぼ全部入りのハイエンド”が特徴。中でもNEC製の「N906i」は520万画素+顔認識AF+スマイルシャッターなど、カメラ機能で一歩進んだ機能を盛り込んだ。今回は、N906iの顔認識AFやスマイルシャッターの“実用度”を軸に、そのハイエンドケータイカメラの実力をチェックしていく。

[荻窪圭,ITmedia]
photo ドコモの「N906i」(STREET BLACK。このほか、EXOTIC VIOLET、EXTREME WHITEの2色も用意する)で、“デジカメスタイル”にして「ライフヒストリービューワー」を表示。とてもおもしろい機能だが、microSDに保存した写真だとやや時間がかかることと、この画面から写真に対して処理が行えない(メールを送る、撮影場所の地図を見るなど)のが残念

 季節はもう秋になってしまったけど、夏モデルの「N906i」のカメラ機能を試そう。

 ドコモの906iシリーズに共通する、かなり凝ったハイエンド端末だなぁと思っていたが、いざ使ってみるとなかなかいいではないか。もちろんカメラ機能についてなのだが、撮れる絵がなかなかきれいなのだ。

 もちろん5Mピクセルという携帯ハイエンドクラスの撮像素子を搭載することもあるが、発色や階調のバランスなどもかなりよくまとまっている。AF(オートフォーカス)もそれなりにうまく効くし、手ブレ補正もかなり有効。顔検出もスマイルフェイスシャッターも実用レベルになっていた。

 また、カメラに力を入れた端末となるとつい機能が増えて使いづらくなってしまったりするものだが、N906iは使い勝手もそれなりにまとまっおり、簡単なキー操作でシーンをさっと選ぶくらいでだいたい済むのである。しかもディスプレイを裏返して折りたたむ“デジカメスタイル”で撮ると、きちんと写真の向きも横位置にしてくれるようになり、GPSによる位置情報(ジオタグ)も入れられる。

 そして「ブログアップ機能」などにより、撮った後はさくっと送信できる(送信時にサイズを小さくするオプションがあるのもいい)。そのようなわけで、第一印象はかなりよいものだった。

photophoto 裏面にカメラ。レンズの横にLEDのフォトライトがあり、その横にある赤いLEDは撮影モードの時に点滅する(左)。横向きに構えても上面(側面)にキーが7つもあるので、たいていの操作が可能。1番右のキーがシャッター。半押しには対応せず、AFロックはディスプレイの側面にあるAFロックキー(上下キーに相当する)を使う
photophoto ケータイスタイルで構えると、UIもきちんと横向きになる

 では、早速作例を見ていこう。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう