ニュース
» 2008年10月10日 23時00分 UPDATE

東京ゲームショウ2008:KDDI、Bluetooth対戦可能なケータイゲームを多数展示――ドロンジョ様も“おしおきナシ”で登場だ (1/2)

東京ゲームショウ2008のKDDIブースでは、この冬以降に登場予定のBluetooth対戦ゲームが多数登場。また、周囲を見ながらケータイゲームを大画面で楽しめる透過型ヘッドマウントディスプレイも参考出展された。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 東京ゲームショウ2008のKDDIブース

 千葉・幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ2008」のKDDIブースでは、この冬以降に配信されるタイトルを中心に合計25本のケータイゲームをプレイアブル出展。ほとんどのタイトルが対戦機能に対応しており、各試遊台ではコンパニオンのおねえさんやスタッフを相手に対戦プレイを楽しめる。

 なかでも大々的にアピールしていたのが、KONAMI提供の「モバイル・パワフルプロ野球VS!公式ライセンス版2008」(12月配信予定)と、ハドソン提供の「桃太郎電鉄WORLD対戦版」(配信時期未定)の2つ。どちらもケータイを含む各プラットフォームで人気の超メジャータイトルだが、au向けの最新版ではBluetoothを使った近接対戦機能が追加されているのが特徴だ。1対1の2人対戦しかできないが、パケット通信を介さずに対戦できるため通信料を気にすることがなく、相手の顔を見ながら遊べるのも楽しい。

 会場では、Bluetoothを搭載したシャープ製「W62SH」のほか、横画面にも対応した日立製作所製の「Woooケータイ W62H」、モーションセンサーを搭載したカシオ計算機製の「G'zOne W62CA」などが使われていた。

photophotophoto ステージでは最新au端末やブース内展示の紹介が随時行われている(写真=左)。“桃鉄”コーナー(写真=中央)と“パワプロ”コーナー(写真=右)

photophoto 「桃太郎電鉄WORLD対戦版」(写真=左)。車掌風おねえさんが対戦相手になってくれる(写真=右)

photophoto Bluetooth対戦は1対1の2人用のため、4人プレイをする場合はプレーヤー2人とCOM2人になる。“WORLD”ということで舞台は世界

photophoto 「モバイル・パワフルプロ野球VS!公式ライセンス版2008」(写真=左)。ベースボールキャップのおねえさんと対戦できる(写真=右)

photo

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.