調査リポート
» 2008年10月14日 07時00分 UPDATE

ネット利用のトラブル、高校生の半数が「友達に相談」

ネットスターが、家庭でのネット利用に関する実態調査の結果を発表。ネット利用でトラブルが起こった場合、高校生の約半数が「友達に相談する」と回答し、親に相談しない理由は「説明が面倒」が最多となった。

[ITmedia]

 ネットスターは10月10日、第8回「家庭でのインターネット利用実態調査」の結果を発表した。この調査は、家庭でのネット利用の実態を把握することを目的に、保護者や子供を対象に2004年から継続的に実施しているもの。今回は9月9日と10日の両日、高校生の子どもを持つ保護者と高校生それぞれ1200人を対象に調査した。

 同調査によれば、ブログや掲示板などに書き込みを行う際に、「面と向かっては言えないようなことでも書き込める」という高校生は32%、自分をよく見せようとしてしまう」と考えている高校生は24.4%となり、ネットのコミュニケーションの難しさを自覚している高校生が少なくないという。

 ネット利用でトラブルがあった場合に相談する相手としては、「友達」を挙げた高校生が53.7%で最も多かった。「保護者には相談しない」理由として「説明するのが面倒」が41.9%でトップとなったが、相談しやすさのためには52.3%が「インターネットの仕組みを知っていて欲しい」と考えており、「知識はともかく、とにかく話を聞いて欲しい」の31.1%、「利用サービスの概要を知っていて欲しい」の19.7%を大きく上回った。実際に子どもがネット上に公開していた個人情報などについて、保護者がその危険性などを注意、指導した場合には、51.5%の高校生が「納得して情報を削除した」という。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.