調査リポート
» 2008年10月15日 07時00分 UPDATE

ケータイの充電器、1割が「常に持ち歩いている」

アイシェアが、携帯電話の充電器に関する意識調査の結果を発表。1割が外出時にケータイの充電器を「常に持ち歩いている」と回答し、若い世代ほど傾向率が高いことが分かった。

[ITmedia]

 アイシェアは10月14日、「携帯充電器に関する意識調査」の結果を発表した。調査は9月27日から29日まで、同社が運営する無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に行ったもので、有効回答数は422人。

 同調査によれば、外出時に携帯電話の充電器を「常に持ち歩いている」と答えたのは全体の10.0%で、「たまに持ち歩いている」の20.9%を合わせると、およそ3割が充電器を持ち歩いた経験があることが分かった。男女別で見ると、充電器を「常に持ち歩いている」と回答した男性の割合は、女性の2倍以上にあたる12.9%。「常に」「たまに」を合わせた携行率を年代別に見ると、20代で40.0%、30代で31.3%、40代で27.5%。年代が下がるほど携行率が高かった。

 持ち歩いている充電器のタイプを複数回答形式で聞いたところ、「コンセント式」が63.1%でトップ。「簡易式:電池交換可」「USB式」も3割以上の人が持ち歩いている。なお「簡易式:充電電池内蔵」「使い捨て」「ソーラー電池」は5%未満だった。

 携帯電話の電池切れが不安になるかどうかを聞いたところ、62.8%が「不安になる」と回答している。中でも女性と30代では、男性や他の世代を上回る7割近くが「不安になる」と答えており、女性や30代の「携帯依存」傾向が高いことがうかがえる。なお「不安になる」と答えた人の38.1%が充電器を「常に」または「たまに」携行。「不安にならない」とした人の携行率を20ポイント近く上回っており、携帯依存の傾向が充電器の持ち歩きにつながっているとみられる。

関連キーワード

充電器 | 携帯電話 | アイシェア | 意識調査


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.