ニュース
» 2008年10月16日 09時00分 UPDATE

“ケータイソムリエ”試験こと「MCPCケータイ実務検定」、実施日は1月28日に

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)が総務省の後援を受けて実施する“ケータイソムリエ”試験こと「MCPCケータイ実務検定」の実施日が、2009年1月28日に変更になったようだ。

[園部修,ITmedia]

 モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)は、総務省の「携帯電話サービス等の販売員等に係る検定試験に対する総務省後援の運用方針」に基づいて実施する「ケータイ実務検定」の実施日を2009年1月28日に変更した。当初は2008年11月15日に実施予定と発表していた。

 ケータイ実務検定は、「多くの携帯電話販売関連業務等にかかわる者が技術・販売等の正しい知識を習得し、消費者への正確な情報の提供を行うことにより、利用者が携帯電話サービス等を安心・安全に利用することができる環境を整備するため」(発表資料より)に実施する検定試験。販売店の店員などが、一般のユーザーが自分のニーズにあったサービスや端末を選ぶ際に、複雑化している料金体系や販売制度をユーザーに分かりやすく説明できるスキルを持っているかどうかテストし、認定する。

 試験は東京、大阪に加え、名古屋でも実施する。受験料は8400円で、申込期間は11月4日から12月19日。受験資格は満16歳以上。試験問題は4者択一形式の60問で、試験時間は10時から11時の1時間を予定している。試験問題は2008年10月末に刊行予定のMCPC監修「モバイル基礎テキスト」から出題する。

 なお、実際に店頭などで消費者向けに携帯電話の販売を行う合格者には、有効期間1年間の「ケータイアドバイザー」のMCPC認定カードを発行し、更新を義務づけるという。その他の合格者には、全員に合格証を発行するが、更新期限は設けない方針だ。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.