調査リポート
» 2008年10月16日 07時00分 UPDATE

ケータイの電波状態がイマイチ、そんな時どうする?

アイシェアが、ケータイの電波状況に対する意識調査の結果を発表。ケータイキャリアを選ぶ際に、「電波状況をとても重視する」という回答は4割弱。電波状況が悪いときの対策については、約6割が「窓辺に移動する」と回答している。

[ITmedia]

 アイシェアは10月15日、「携帯電話の電波に関する意識調査」の結果を発表した。調査は10月1日と2日の両日、同社が運営する無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に行ったもので、有効回答数は474人。

 同調査によれば、携帯電話キャリア選びで電波状況をどの程度重視するかを5段階評価で聞いたところ、39.0%が「とても重視する」、40.9%が「どちらかといえば重要」と答え、合計すると全体の8割が重視していることが分かった。「とても重視する」とした比率をキャリア別に見ると、「ドコモ」が54.5%と最も多く、以下「イー・モバイル」が42.9%、「au」が41.3%、「ウィルコム」が34.2%、「ソフトバンクモバイル」が25.2%と並んだ。

 電波状態が悪いときにとった行動を複数回答形式で聞いたところ、「窓辺に近づく(屋内限定)」が59.9%、「電波を求めさまよう(場所移動)」が57.4%と上位を占めた。そのほか「上に掲げてみる」が27.8%、「左右に動かしてみる」が24.3%、「一度電源を切ってみる」が20.0%、「携帯端末を振る」が17.9%となっている。

 電波の状態が悪い時に何らかの行動をとった人429人に、その結果、電波状況がよくなったかどうかを尋ねると、全体の81.4%が「電波状況が改善した」と回答。「屋内にいるとき窓辺に近づく」を選択した人では86.6%、「電波を求めて場所を移動する」では83.5%が電波状況の回復に成功したと回答している。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.