ニュース
» 2008年10月22日 11時37分 UPDATE

BlackBerry版「App Store」、RIMが発表

有償アプリでの開発者の取り分はAppleのApp Storeよりも多い。

[ITmedia]

 カナダのResearch in Motionは10月21日、自社のスマートフォンBlackBerryに向けて開発されたアプリケーションの販売を行う「BlackBerry Application Storefront」と「BlackBerry Application Center」を発表した。

 BlackBerryの開発者がアプリケーションを配布するための窓口となる「BlackBerry Application Storefront」は2009年3月にスタート予定。サードパーティーのデベロッパーはアプリケーションの売り上げのうち8割を得ることができる仕組みで、7割に設定されているApp Storeよりも取り分が多い。支払いにはPayPalを採用。企業内でのアプリケーション配布は従来の方式を継続して利用できる。

 ユーザーは、BlackBerry内に組み込まれた「BlackBerry Application Center」を通してアプリケーションを購入する。アプリケーションのラインアップはキャリアがコントロールできる仕組みとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう