ニュース
» 2008年10月24日 19時52分 UPDATE

Smartphone Show 2008:「2009年後半にSymbian Foundationベースの端末を発表」――英Sony Ericssonのオルソン氏

Symbian Foundationの設立企業に名を連ねる英Sony Ericsson。同社のパトリック・オルソン副社長は、Foundationのビジョンに賛同するとし、2009年後半をめどにSymbian Foundationベースの端末を発表する予定であることを明らかにした。

[末岡洋子,ITmedia]
Photo 英Sony Ericsson ソフトウェアトップ兼副社長のパトリック・オルソン氏

 英Symbianが英ロンドンで開催した展示会「Smartphone Show 2008」で22日、英Sony Ericssonのソフトウェアトップ兼副社長を務めるパトリック・オルソン(Patrik Olsson)氏が基調講演を行い、「Symbian Foundationに積極的に関わっていく」と表明した。

 Sony Ericssonは6月末、NokiaらとともにSymbian Foundationを設立すると発表。同時に、同社と米Motorolaが共同出資するUIQ TechnologyのUI「UIQ」を提供することも明らかにしている。

 オルソン氏はSymbian Foundationが打ち出した戦略を支持するとし、その理由について「Sony Ericssonは革新的な携帯電話の開発でリードしたいと考えており、Symbian Foundationが提供するOSはそれを支える土台として必須」(オルソン氏)だと説明した。

 Symbian Foundationは今後、Symbian OSにS60、UIQ、MOAPの3種類のUI資産を組み合わせたプラットフォームを構築し、S60との互換性を維持するとしている。将来のSymbian FoundationベースのSony Ericsson端末では、S60アプリケーションが動くことになり、オルソン氏は「Symbian Foundationのエコシステムとユーザー基盤は、大きな価値になる」という見方を示した。

 Sony Ericssonの社内では、すでにSymbian開発チームがSymbian FoundationベースのOSに対応する準備を進めており、2009年後半にも最初の製品を発表する予定。その後、製品ポートフォリオ全体でサポートする計画だ。

Java+FlashのUI“Capuchin”もFoundationベースの端末に

 Sony Ericssonは、端末を提供するだけのメーカーではなく、各種のコンテンツサービスも提供している。

 オルソン氏は同社の代表的なサービスとして、音楽やゲーム、壁紙、着メロなどのコンテンツを提供する「PlayNow arena」を紹介。コンテンツはPCと携帯電話で購入でき、購入した楽曲は両プラットフォームで楽しめる。楽曲に関する情報を入手できるサービス「TrackID」も利用可能だ。

 「Sony Ericssonは単に製品を提供するのではなく、ユーザーが端末を利用する期間を通じて、さまざまなサービスを提供する」(オルソン氏)

 オルソン氏は、ユーザーインタフェースについても新たな取り組みを行っているとし、同社がこの春に発表した「Project Capuchin」を紹介した。JavaとFlashという、開発者に人気の2つの技術を組み合わせる試みで、「安全な開発言語Java MEとUI向け開発に優れたFlash Liteの良いところを利用できる。柔軟性を提供する」とアピールした。

 Capuchinは(1)Flashで作成してJavaコンテナでパッケージ(2)アプリケーションロジックをJavaで、UIをFlashで実現し、Javaでパッケージ(3)アプリケーションロジックをJavaで、UIをFlashとJavaで作成し、Javaでパッケージ という3つの方法で提供する。

Photo Project Capuchinのアーキテクチャ

 Capuchinを利用した例としてオルソン氏は、グラフィックにJavaを利用し、メニューとUIにFlashを利用したゲームアプリや地図アプリを紹介。同社はすでにCapuchinをサポートした「C905」「G705」の2モデルを発表しており、今後は製品ポートフォリオ全体に拡大する計画だ。

 オルソン氏はまた、CapuchinをSymbian Foundationベースの端末にも搭載する意図があることを明らかにしている。「ハイボリューム向けの革新的な開発環境を開発者に提供できる」(オルソン氏)

 展示会場のSony Ericssonブース担当者によると、Capuchinを利用することで、開発期間を数週間から数日レベルに短縮できるという。同社では現在、CapuchinをSymbian Foundationの一部として統合することを検討しているという。

 オルソン氏は「S60、Capuchinを利用して、今からSony EricssonのSymbian Foundationベース端末向けにアプリケーションを開発できる」とアピールし、開発者に参加を呼びかけた。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう