ニュース
» 2008年10月27日 11時00分 UPDATE

Macでも使えるExpressCard型Rev.A対応データカード──「W06K」

京セラ製の「W06K」は、au初のExpressCard/34型データ通信端末。ExpressCardスロットを搭載したノートPCで、上り最大1.8Mbps、下り最大3.1Mbpsの高速モバイル通信が利用できる。

[ITmedia]

 京セラ製の「W06K」は、au初のExpressCard/34型データ通信端末。ExpressCard/34スロットを採用したWindows PCはもちろん、「MacBook Pro」などでも利用できる。

Photo au初のExpressCard/34型データ通信端末「W06K」

 通信方式はEV-DO Rev.Aに対応し、上り最大1.8Mbps、下り最大3.1Mbpsの高速モバイル通信が可能。トラフィック制御機能を搭載しており、auが提供する「WIN シングル定額」を契約することで定額データ通信が行える。その場合、回線混雑時に通信速度の制御を行う場合があるが、プロトコルや利用アプリケーションによる制限はなく、Webサイトの閲覧やメールの送受信はもちろん、YouTubeなどの動画サイトやFTPなども利用できる。

 また、本体に専用ドライバやユーティリティソフトが保存されており、初めて利用する際に自動的にインストーラが起動するようになっている。

 W06Kを利用するには、KDDIとの回線契約のほか、別途ISPへの接続契約が必要。KDDIが提供する「au one net」のほか、PacketWIN/PacketOneに対応したプロバイダを利用できる。

photophoto W06Kはau初のExpressCard/34型データ通信端末

photophoto アンテナは可動式(写真=左)。PCカード型の「W05K」と同じ、クリップ式の外部アンテナが付属する(写真=右)

photophotophoto アンテナの可動範囲は広く、垂直、直角方向に向けることができる

photophotophoto PCのスロットに収まらない本体部分は若干厚め

photo パケット定額プラン「WIN シングル定額」を契約すると、月額1890〜5985円(シンプルコース)または月額2835〜6930円(フルサポートコース)でデータ通信が利用できる
「W06K」の主な仕様
機種名 W06K
接続インタフェース ExpressCard/34
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約34×115×5.1ミリ(最厚部12.5ミリ)
重さ 約36グラム
対応OS Windows XP/Vista、Mac OS X v10.4以降(いずれも日本語版)
通信方式 CDMA 1X WIN/CDMA 1X

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.