ニュース
» 2008年10月27日 18時09分 UPDATE

音声端末経由のPCデータ接続が定額対象に――秋冬モデルの3機種から

KDDIは、音声端末とPCなどをつないでネットにアクセスする「PCデータ接続」について、一部機種からの利用を定額対象とすることを発表した。トラフィック制御機能を備える秋冬モデル3機種で利用でき、上限1万3650円でEZwebやEメール、PCサイトビューアー、PCデータ接続が使い放題になる。

[ITmedia]

 KDDIは10月27日、音声端末とPCなどをつないでネットにアクセスする「PCデータ接続」について、一部機種からの利用を定額対象とすることを発表した。これまでPCデータ接続の定額プランはデータ通信専用端末のみに適用されていたが、音声端末でも利用可能になる。

 対応端末は、トラフィック制御機能を備えた「Woooケータイ W63H」「EXILIMケータイ W63CA」「AQUOSケータイ W64SH」の3モデル。定額プランのダブル定額ライト、ダブル定額、パケット割WINミドル、パケット割WINスーパーの4つのプランについて、対応機種限定でPCデータ接続の上限1万3650円を設定する。

Photo 改訂後の料金

 これにより対応3モデルのユーザーは、データ通信専用端末を購入する必要なく、定額で音声端末をPCデータ接続に利用できるようになる。

 定額の対象となるのはPC、PDA、カーナビなどを接続した際のデータ通信で、海外での利用には非対応となる。また、対象端末以外のモデルで接続した場合も定額の対象外となるため、注意が必要だ。

 なお、音声端末を利用したPCデータ定額については、「1ページ300Kバイト程度(+D Mobileのトップページは320Kバイト程度)のWebページを快適に閲覧できる通信速度を想定して提供」(KDDI広報)するとし、回線混雑時に大容量のデータを送受信した場合には、通信速度が制限される。また、一定時間内に大量のデータを送受信した場合には、切断する場合もあるという。

 同サービスの対応プロバイダはau.NET、au one netなどのPacketWIN/PacketOne対応プロバイダ。定額の開始時期は、対応端末の発売時を予定している。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.