ニュース
» 2008年10月28日 15時05分 UPDATE

セキュリティ機能が進化したスリムな防水ストレートモデル――「WX330J」

ウィルコム初の防水モデルが日本無線から登場。同社が得意とする法人ユーザーはもちろん、薄型の防水ストレート端末としてコンシューマーにも訴求する。

[田中聡,ITmedia]

 日本無線製の「WX330J」は、ウィルコム初の防水ケータイ。IPX5、IPX7相当の防水性能を備え、水深1メートルに30分間端末を沈めたり、常温の水道水を端末に当てても電話機としての性能を保つ。

photo WX330Jの本体色はホワイトとブラウンの2色。アルミ素材を使用した上質感のあるボディを実現した

 日本無線製のコンシューマー向けの機種としては、2007年2月に発売された「WX321J」以来となる。法人向けには2008年1月に「WX321J-Z」が発売された。今回のWX330Jは、防水やセキュリティ機能に優れたシンプルな電話機として、コンシューマーを含む幅広いユーザーに訴求する。

 セキュリティ機能として、企業の管理者が一括して機能を制限する「ビジネス安心サービス」のほか、紛失時の不正利用を防ぐ「リモートロック機能」、EメールやWeb、電話帳などの使用を制限する「管理者ロック機能」を搭載。また、事業所用コードレスシステムのPBXに登録することで、WX330Jを企業の内線電話機として利用できる「オフィスモード」に対応する。なお、WX321Jで採用実績のある指紋センサーは搭載されていない。

 そのほか、赤外線通信(IrSimple)やフルブラウザ(NetFront)、MIDP2.0対応のJavaを利用できる。連絡先やブックマーク、赤外線通信などの機能をショートカット登録できる「カスタムボタン」も搭載。ボディにはツートーンカラーのアルミパネルを採用し、防水対応ながら厚さ11.5ミリ、重さ約94グラムの薄型軽量ボディを実現した。

 発売日は2008年11月13日。価格はW-VALUE SELECTで新規購入した場合の実質負担額は9600円、機種変更した場合の実質負担額は1万4400円。

「WX330J」の主なスペック
機種名 WX330J
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約44×125×11.5ミリ
重量 約94グラム
連続通話時間 約6.5時間
連続待受時間 約700時間
カメラ
外部メモリスロット
メインディスプレイ 2.0インチQVGA(240×320ピクセル)約26万2144色TFT液晶
サブディスプレイ
赤外線通信 ○(IrSimple)
Flashプレーヤー
Bluetooth
Java ○(MIDP2.0準拠)
ボディカラー ブラウン、ホワイト
発売日 2008年11月13日
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう