レビュー
» 2008年10月28日 19時10分 UPDATE

写真で解説する「W65T」 (1/2)

クルクル回せる十字キー「スピーディーコントローラー」を搭載した東芝製の「W65T」は、タッチセンサー式のソフトキーを採用したシンプルフォルムのスライドボディ端末。スピードセレクターを搭載する“先輩格”の「D905i」と比較した。

[平賀洋一,ITmedia]

 東芝製の「W65T」は、約2.8インチのワイドQVGA(240×400ピクセル)表示対応有機ELディスプレイを搭載したスライド型WIN端末。通信方式はEV-DO Rev.AでプラットフォームはKCP+を採用した。au one ガジェットやマルチプレイウィンドウ、Bluetooth、ワンセグ、FeliCaなどハイエンドに匹敵する機能を備える。もちろん、6軸モーションセンサー(利用するのは3軸のみ)によるカロリーカウンターや、au BOX連携、ナカチェン、ケータイde PCメール、オープンアプリプレイヤーなどauの最新サービスにも対応した。

photophoto ボディカラーはライブピンク、フレッシュホワイト、スプラッシーブルー、ジェットブラックの4色展開。

photo ジェットブラックの裏面はマット仕上げになっている

 W65Tが持つ最大の特徴は、回転する十字キーの「スピーディーコントローラー」の採用だろう。同様の操作機構は、「D902iS」など三菱電機製のドコモ向け端末でおなじみのもの。アドレス帳や発着信履歴、メニュー画面、メール一覧画面など、上下方向へのカーソル移動やページスクロール時にクルクルと回すことで、快適な操作が行える。もちろん上下方向だけでなく、漢字変換候補の指定やミュージックプレーヤー利用時の曲選択、曲送り/曲戻し、ワンセグ視聴時のボリューム調整、地図利用時の拡大縮小もスピーディーコントローラーで直感的に行える。もちろん、十字キーと決定キーとしても使えるため、通常の上下左右入力も可能だ。

photophotophotophoto スライドを閉じた際の正面と裏面(写真=左、左中)と、スライドを開いた状態の正面と裏面(写真=右中、右)

 もう1つの特徴が、上部スライドボディに搭載されたソフトキーだ。スピーディーコントローラーの周囲に配置された[アプリ]キー/[アドレス帳]キー、[EZweb]キー、[メール]キーの4つは、触れるだけで操作できるタッチセンサー式を採用。物理的なキーを使用しないことで、すっきりとしたフォルムを実現した。またスピーディーコントローラーにはLEDイルミネーションが内蔵されており、操作時やスライド開閉時、通話発着信時/メール送受信時に10パターンのラウンドイルミが点灯。さらに不在着信や未読メールも、光の点滅で確認できる。

photophoto 端末の左側面(写真=左)と、右側面(写真=右)。断面が台形になっているのが分かる。左側面に、外部接続/充電端子と、外部メモリスロット(microSD)、卓上ホルダ用充電端子を配置。右側面には、平形ヘッドフォン端子、[カメラ]キー、[メモ]キー、[テレビ]キー、[マルチ]キー、ロックキーが並ぶ

photophoto 端末の先端部(写真=左)と底面部(写真=右)。ここから見ても、断面は台形になっている。先端部にワンセグアンテナとストラップホールがある。底面にはなにもない

photo バッテリー容量は800mAhと比較的大きめ。連続通話時間は約220分。連続待受時間はカロリーカウンター・オン時に約220時間(カロリーカウンター・オフで290時間)。ワンセグの連続視聴時間は約3時間20分

「D905i」と比較

 W65Tはスライドボディ+回転式十字キーを搭載する端末ということで、似たコンセプトの「D905i」と外観を比較してみた。W65Tのサイズは、50(幅)×115(高さ)×17.3ミリ(厚さ、最厚部19.3ミリ)で重さは約126グラム。ディスプレイサイズはワイドQVGAの2.8インチ有機ELだ。一方のD905iは、49(幅)×110(高さ)×18.7(厚さ)ミリ、重さ約132グラム。ディスプレイは3.1インチのワイドVGA液晶を搭載する。

 ディスプレイサイズと高さサイズではD905iが勝るが、幅と厚さの小ささと軽さではW65Tが上回っている。一番の差は、上部スライドボディのキーレイアウトだ。W65Tはタッチセンサー式のソフトキーを採用していることもあるが、[クリア]キーと発話/終話キーが下部スライドボディにある。D905iは発話/終話キーが上ボディにあるため、閉じたままでも素早く電話がかけられる。また[クリア]キーがスピードセレクターのすぐ下にあり、閉じたままでも操作のキャンセルが行える。ダイヤルキーもD905iのほうが大きく、連続した入力では使い勝手に差が出るだろう。

photophoto スライドボディ+回転式十字キーというボディデザインの「W65T」(写真=右)と「D905i」(写真=左)

photo 下ボディにあるダイヤルキーサイズも違う

photo 台形シェイプを採用した「W65T」(写真=左)と、スクエアな「D905i」

Get Macromedia FLASH PLAYER 回転する十字キーの「スピーディーコントローラー」アドレス帳や発着信履歴、メニュー画面、メール一覧画面など、上下方向へのカーソル移動やページスクロール時にクルクルと回すことで、快適な操作が行える。

(このムービーをご利用いただくにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。ムービーはこちらからでも参照できます)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.