ニュース
» 2008年10月30日 19時10分 UPDATE

待受画面でリアルタイムな情報確認を――ソフトバンクモバイル、「モバイルウィジェット」提供

au、ウィルコムに続いて、ソフトバンクモバイルも携帯電話向けウィジェットサービスを開始する。秋冬モデルは「931SH」のみの対応となるが、今後対応機種を拡大する予定。開発促進のためのコンテストも実施する。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは10月30日、携帯電話向けウィジェットサービス「モバイルウィジェット」を開始すると発表した。秋冬モデルの対応機種は「931SH」のみとなるが、今後のラインアップで対応機種を拡大する予定としている。

 モバイルウィジェットは、ACCESSのウィジェットソリューション「NetFront Browser Widgets」を利用したサービス。待受画面上に設定したウィジェットアプリを通じて、ユーザーはリアルタイムで各種の情報を把握でき、詳細情報が掲載されるサイトにも素早くアクセスできる。対応機種の931SHには、Yahoo!天気情報やYahoo!地図、mixi、駅探★運行情報など13のウィジェットがプリインストールされ、うち6のウィジェットは待受画面に設定した状態で出荷するという。

Photo 「Yahoo!天気情報」ウィジェットの利用イメージ
Photo 待受画面への貼り付け方法

 ソフトバンクモバイルでは、仕様や開発ツールを公開することで、ウィジェット開発を促進する考え。コンテンツプロバイダが開発したウィジェットや一般投稿のウィジェットを、11月下旬以降のサービス開始に合わせてオープンする「ウィジェットストア」を通じて公開・販売することで、開発者と利用者をサポートする。

Photo ウィジェットストアのサービスイメージ

 モバイルウィジェットは、S!ベーシックパック(月額利用料315円)の契約者を対象に提供するサービスで、ウィジェットサービスの月額利用料金は無料。

 携帯電話向けウィジェットサービスについては、KDDIが2007年の秋冬モデルから、Operaウィジェットベースの「au one ガジェット」を提供しており、2008年7月にはウィルコムがNetFront Browser Widgetsベースの「ウィルコムガジェット」サービスを開始した。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.