レビュー
» 2008年11月08日 01時12分 UPDATE

写真で解説する「P-03A」 (1/2)

薄く、小型になったWオープンスタイルのVIERAケータイが「P-03A」。ワンセグやおサイフケータイ、顔認識AF付きの320万画素カメラなどを備え、ハイエンドのP-01Aより少しカジュアルなイメージのモデルとして展開。“隠しキャラ”もいるという「ハッピーイルミネーション」のほか、スヌーピーコンテンツや「レイトン教授」アプリなどを内蔵する。

[岩城俊介,ITmedia]

 パナソニック モバイルコミュニケーションズ製のSTYLEシリーズ「P-03A」は、Wオープンスタイルをそのままに、2008年夏モデルの「P906i」より薄く、少しカジュアルなイメージに仕上げた端末。主に女性ユーザーや若年ユーザーに向くコンテンツを内蔵するとともに、遊び心に富むイルミネーション機能などを搭載するのが特徴だ。

photophoto パナソニック モバイル製の「P-03A」。カラーはブラック、ピンク、ホワイトの3色を用意する
photophoto 裏面に320万画素カメラとFeliCaマーク。ディスプレイが横にも開く“Wオープンスタイル”を採用した

 本体は、正面の見た目やダイヤルキーのデザインなどがP906iに通じる箇所があるものの、かなり薄く細い。数値としてはP906iが厚さ17.4ミリ、P-03Aは14.7ミリと差は2.7ミリほどだが、特にボディ側が薄くなり、幅も1ミリ減の49ミリとしたので、実際に手にするとかなり違う。「P705i」の端末コンセプトにP906iの便利で使いやすい機構を盛り込んだ進化モデルといえ、手の小さな人でもすっと自然になじむであろう絶妙なサイズに仕上げられている。

 ディスプレイが横にも開くWオープンヒンジを採用したことで、ワンセグやカメラなどの機能を横向きUIとヨコオープンスタイルで使えるようになった。ワンセグは“いかにもテレビを観ています”のような印象を他人に与えなくてすむアンテナ内蔵型で快適に視聴できる。ヨコオープンスタイルと連動してワンセグを起動させることも可能だ。

photophoto 厚さ18.5ミリのP905iと比較。手にすると、かなり薄いなと感じられる
photophoto 本体左側面はワンプッシュオープンボタンとWオープン用スライドスイッチ、平型イヤフォン端子。右側面はストラップホールと上/下兼メモ/マナーキーが備わる
photophoto 本体底面に通信/充電端子、ディスプレイの上部に赤外線ポートがある
photo 暗所でのキーバックライトはこのように光る
photophoto バッテリーは3.7V/800mAhの「P19」型。「P-01A」のバッテリーと同型である。バッテリーカバーは薄く強度があるステンレス製

Get Macromedia FLASH PLAYER P-03Aの外観

(このムービーをご利用いただくにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。ムービーはこちらからでも参照できます)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.