ニュース
» 2008年11月13日 01時14分 UPDATE

2640億円でインドに足がかり――ドコモ、タタ傘下の通信キャリアに出資

NTTドコモは11月12日、インド タタ・グループ傘下でシェア第6位の通信キャリア、Tata Teleservicesに出資すると発表した。約2640億円を出資し、法人連携や国際ローミング、端末の共同調達などでのシナジー効果を見込む。

[後藤祥子,ITmedia]
Photo 資本提携の発表会見で握手を交わすNTTドコモの山田隆持社長とTTSL社長のアニール・サルダナ氏

 NTTドコモは11月12日、インド タタ・グループ傘下の通信キャリア、Tata Teleservices(TTSL)に出資すると発表した。ドコモは、重要案件について拒否権を行使できる26%の株式を1307億ルピー(約2640億円)で取得。これに伴いドコモは、同じタタ・グループ傘下の通信キャリア、Teleservices Maharashtra(TTML)についても、上限20%の普通株式をタタ・グループの持株会社Tata Sonsと共同で取得する。

 TTSLは2005年1月にCDMA網を利用したサービスで携帯電話事業に参入した通信オペレーター。TTMLと合わせて3000万の契約者を擁し、2008年9月時点ではインド第6位の通信キャリアという位置付けだ。2009年1月にはGSM網の携帯電話サービスを開始する予定で、その後、W-CDMAへの移行を目指す。

 資本提携の発表会に登壇したドコモの山田隆持社長は、TTSLに出資する理由について、(1)短期間で急速に加入者を伸ばした高い成長性(2)インド最大財閥の子会社というブランド力(3)インド当局がトップに格付けたネットワーク品質(4)3500店以上の専門店・直営店を持つ販売網(5)ドコモとのシナジー効果を見込める無線ネットワーク技術 (6)インド全土をカバーするエリア展開 などを挙げる。その上で、TTSLへの出資は最も重要な案件に位置付けているとし、実績と信頼性、品質、販売面でインドのベストパートナーだと確信している」と自信を見せた。

sa_td03.jpgsa_td04.jpgPhoto TTLAの市場シェアと携帯電話事業の概要、契約数の成長率

 また、この投資を中長期的な成長に伴うリターンを狙うものと位置付け、「TTSLの事業運営にも積極的に関与する」と説明。法人市場での連携や国際ローミング、端末の共同調達などの面でシナジー効果が期待できるとし、ドコモ社内にTTSLと連携するためのバックアップ体制を作ったことも明らかにした。

 「今後は、GSMのインド全土への展開、都市部での3Gの展開が進むと考えられ、その実現にドコモが貢献できる。おサイフケータイや音楽配信などの付加価値サービスも提案していきたい」(山田氏)

 資本提携の会見に登壇したTTSL社長のアニール・サルダナ氏は同社の強みについて、「(携帯電話事業への参入から)3年6カ月の若い会社だが、デリーなどの首都で22%のシェアを獲得するなど、一部ではマーケットリーダーの地位を得ている」と胸を張る。

 サルダナ氏はまた、同社の収益の約92%が音声サービスによるもので、データサービスが8%にとどまっていることを挙げ、「パートナーの力を借りて、インドに新しいサービスを出せると確信している」と期待を寄せた。

sa_td06.jpgsa_td08.jpgPhoto TTSLの携帯電話事業のロードマップと他キャリアとの差別化要素、ドコモとの連携による優位性

Photo 資本提携会見に登壇した両社の首脳陣。左からTata Sons取締役のアランクマール・ガンディー氏、Tata Teleservices社長のアニール・サルダナ氏、NTTドコモ代表取締役社長の山田隆持氏、NTTドコモ代表取締役副社長の鈴木正俊氏、NTTドコモ執行役 国際事業部長の国枝俊成氏
携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.