調査リポート
» 2008年11月17日 07時10分 公開

ケータイサイト、コミュニティやエンタメ系が人気

トランスメディアがケータイ向けWebサイトの利用実態調査の結果を発表。1日の利用時間は「1時間から2時間未満」が最も多く、コミュニティ系やエンタメ系サイトの人気が高い。

[ITmedia]

 トランスメディアGPは11月14日、「携帯電話におけるWebサイト利用に関する意識調査」の結果を発表した。調査は11月7日と8日の両日、普段携帯サイトを利用している20代から60代の男女を対象に行ったもので、有効回答数は1362人。

 同調査によれば、携帯サイトへのアクセス手段は「登録しているブックマークから」が90%で最多となり、「受信メール内のURLから」が36%、「公式メニュー(iMenu・EZweb)から」が32%と続いた。携帯サイト利用に関する不満については、「表示されるまでのスピードが遅い」が72%と一番多く、「機種非対応や容量オーバー等でサイトが表示されない」が64%でこれに続いた。

 携帯サイトの1日の利用時間は「1時間以上〜2時間未満」が24%、「2時間以上〜3時間未満」と「30分以上〜1時間未満」がそれぞれ18%。携帯でインターネットをよく利用する場所は、「自宅」という回答が88%で最多となり、以下、「学校、職場」が35%、「交通機関(電車、バス等)」が28%と続いた。利用時間帯は「自宅にいる時」が75%、「就寝前」が61%、「昼休み、休憩時間」が48%となっている。

 携帯サイトを利用するのは「暇をつぶしたいとき」が85%、「情報を調べたいとき」が81%、「日記やコメントなどを書いたり投稿したいとき」が28%だった。

 よく利用する携帯サイトは「無料サイト」が98%、「有料サイト」が17%、よく利用するカテゴリーは「コミュニティー(SNS・ブログ・HPメーカー・掲示板等)」と「エンタメ(ゲーム・コミック・動画・着メロ・デコメ等)」が53%。よく利用する携帯サイトについては「音楽・着うた・着メロ」が45%と一番多く、「ゲーム」が42%、「懸賞・ギャンブル」38%、「デコメ・待受・画像」が30%となっている。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう