調査リポート
» 2008年11月18日 07時10分 UPDATE

ワンセグ・絵文字対応でiPhoneの購入意欲に変化

アイシェアが、iPhoneに関する意識調査の結果を発表。ソフトバンクモバイルが、絵文字やワンセグへの対応を明らかにしたことで、購入意欲にが変化がみられた。

[ITmedia]

 アイシェアは11月17日、「iPhoneに関する意識調査」の結果を発表した。調査は11月1日から同3日まで、同社が運営する無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に実施したもので、有効回答数は393人。

 調査によれば、iPhoneを「操作したことがある」人は全体の15.5%。「操作したことがない」人が81.4%で、実際に「iPhoneを購入した」と回答した人は3.1%だった。

 iPhoneの購入者を除く操作経験者に、iPhoneを操作した感想を複数回答形式で聞くと、「新しい感覚」と答えた人が37.7%で最多となった。これに「(サービス料金も含め)もっと安かったら欲しい」が29.5%、「ワクワクした」が24.6%、「ケータイではないと思った」と「すごいと思った」がそれぞれ23.0%で続いた。iPhone発売1週間後の反応と比較すると「新しい感覚」「ワクワクした」といった評価が増えているという。

 発売元のソフトバンクモバイルは、年内にもiPhoneをワンセグと絵文字に対応させると発表しており、未購入者にこうした対応でiPhoneが購入の選択肢に入るかを聞くと「今後の価格によっては選択肢に入る」が24.9%、「今後のバージョンアップによっては選択肢に入る」が15.0%で、全体の約4割が条件次第で購入を検討することを示唆した。

 なお、すでにiPhoneを購入した人の満足度については、「満足」が50.0%、「やや満足」が25.0%と、おおむね好評となっている。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.