ニュース
» 2008年11月20日 01時36分 公開

nendoがMVNO端末をデザイン――JFPと業務提携

MVNO向けビジネスモデルのコンサルティングを手がけるJFPが、デザインオフィスnendoと提携。MVNO向け端末のボディデザインやUIを手がける。

[ITmedia]

 ジャパン・フラッグシップ・プロジェクトとデザインオフィスのnendoは11月19日、MVNO(仮想移動体サービス事業者)向け携帯端末のボディデザインとUIデザインを行うサービスで業務提携したことを発表した。

 ジャパン・フラッグシップ・プロジェクトは、MVNO事業者向けにビジネスモデルの構築に関するコンサルティングやコンテンツサービス、広告配信プラットフォームの提供、コンタクトセンターの運営支援を手がける企業。nendoとの提携により(1)携帯端末のボディデザイン(2)既存端末に付加するパーツのデザイン(3)携帯端末のUIデザイン(4)携帯電話向けコンテンツサービスについてのデザイン(5)端末のパッケージやケース、ストラップなどのデザイン を提供する。

 同社では、デザインサービスを導入することで、ブランド携帯など高付加価値な携帯サービスの提供を目指すMVNOに、デザイン性の高い端末やUIを提供可能になるとしている。nendoは佐藤オオキ氏を中心に設立されたデザインオフィス。佐藤氏は携帯電話分野でドコモの「N702i」のデザインや、KDDIの「another work*s」向け製品などを手がけた実績がある。

Photo 佐藤オオキ氏がデザインを担当したドコモの「N702i」
携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう