ニュース
» 2008年11月20日 16時50分 公開

京セラ、「WX320K」「WX320KR」の最新ソフトウェアを公開

京セラは、ウィルコム端末「WX320K」と「WX320KR」の最新ソフトウェアを公開した。ソフトウェア更新により、両機種とも動作の安定性が向上する

[田中聡,ITmedia]
photo ウィルコムの「WX320K」(左)と「WX320KR」(右)

 京セラは、ウィルコム端末「WX320K」と「WX320KR」の最新ソフトウェアを公開した。

 更新内容は2機種とも動作の安定性を向上させるというもの。メニューの「機能」→「その他設定」→「ソフトウェア更新」から更新できる。ソフトウェア更新にかかる通信料は無料。ソフトのダウンロードに約5分、ソフト更新でに30分かかる。更新を有効にするには、電源を切ってから1度バッテリーを外して再度取り付け、電源を入れ直す必要がある。

 なお、ソフトウェア更新中は、「110番(警察)」「119番(消防署)」「118番(海上保安本部)」への電話発信も含め、ほかの操作はできない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう