ニュース
» 2008年11月25日 17時59分 UPDATE

KDDIのISPサービス「au.NET」で約1700万円規模の誤課金

KDDIは同社のISPサービス「au.NET」の利用者に、パケット通信料と月額料金を誤課金していたことを明らかにした。au端末のソフトウェアの不具合によるもので、総額約1700万を返金する。

[ITmedia]

 KDDIは、同社が提供するISPサービス「au.NET」の一部利用者に、誤った料金を請求していたことを明らかにした。au端末のソフトウェアの不具合が原因で、同社は総額1672万543円を当該ユーザーに返還する。

 今回発生した誤課金は、2006年9月21日以降に発売されたカシオ計算機製端末、日立製作所製端末、パナソニック モバイルコミュニケーションズ端末でパケット通信を行った際、特定の条件下で誤った情報をネットワーク設備に通知していたことが原因で発生。これにより、au.NETを利用していないにもかかわらず接続情報が記録され、利用者にパケット通信料金とau.NETの月額料金が誤って請求された。

 誤課金の発生期間は2006年9月21日から2008年10月31日までで、対象回線数は1万6851回線。料金の返還は、auユーザーについては2008年12月の請求料金から誤課金分を減額し、auを解約したユーザーには書面で返金方法を通知する。

 KDDIは再発防止策として2009年春までに、誤った接続情報を遮断するネットワークの改修を実施する。

不具合の対象機種
メーカー 機種
カシオ計算機 W43CA、W51CA、W52CA、W53CA、W61CA
日立製作所製 W43H、W43HII、W51H、W52H、W53H、W61H
パナソニックモバイルコミュニケーションズ W51P、W52P、W61P
Photo au.NETサービスイメージ
携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう