レビュー
» 2008年11月27日 21時33分 UPDATE

「N-01A」の“ここ”が知りたい:第3回 入力方式は何が選べる? “ポケベル入力”や“T9”は?──「N-01A」 (1/2)

“3Wayスタイル”が特徴のNEC製端末「N-01A」。入力方式もいくつかの方式から選べるのか、従来の“N”端末ユーザーは特にファンが多い「T9」方式は残っているかといった質問が寄せられた。

[岩城俊介,ITmedia]
photophoto
photophoto NEC製の「N-01A」。カラーはPassion Pink、Precious White、Fine Black、Misty Lavenderの4色を用意する。閉じたままタッチ操作できる閉じたままタッチ操作できる“タッチスタイル”、時計回りに90度回転して横向き画面で使用できる“シェアスタイル”、さらに90度回転して縦向き画面で使用する“コミュニケーションスタイル”の3スタイルで使える。

質問:入力方式は何が選べる?

 「N-01A」は、かな、2タッチ、そして“T9”の3種類から入力方式を選択できる。2タッチはいわゆるポケベル入力スタイル、T9は例えば「あはやあ」と入力して「おはよう」など、かな入力より少ないキータッチで効率よく文字を入力できる方式である。

photophotophoto 入力方式はかな、2タッチ、T9の3つから選べる
photophotophoto 左から、かな、2タッチ、T9の入力画面。予測変換候補の選択やメニューキーはタッチ操作でも可能。ただ、画面例の文字サイズ「小」ではなかなか難しい
photophoto 一定時間後に入力を自動的に確定する「自動カーソル移動」や便利あ絵文字入力機能などもある

 ちなみにタッチパネルを搭載するN-01Aは、ダイヤルキー+十字キー+ニューロポインター操作以外に画面タッチでも操作できる。

 ディスプレイを閉じるタッチスタイルは文字の入力を想定しないが(文字を入力するならシャキッとすぐ開いてダイヤルキーでできますよということで、無理にタッチ専用の文字入力機能は備える必要はないという考え)、横向きのシェアスタイルや縦向きのコミュニケーションスタイルは、画面に直接触れることでも変換候補文字などを選択できる。そのときの気分により、十字キー+決定キー、ニューロポインター、そしてタッチ操作を使い分けられる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.