ニュース
» 2008年11月28日 13時56分 UPDATE

au「W63CA」「W63H」のアラーム機能に不具合――KDDI、ソフトウェア更新を開始

auの2008年秋冬モデル「EXILIMケータイ W63CA」と「Woooケータイ W63H」のアラーム機能に不具合があることが判明。KDDIは11月28日からケータイアップデートを開始する。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは11月28日、カシオ計算機製の「EXILIMケータイ W63CA」と日立製作所製の「Woooケータイ W63H」に不具合があると告知。同日からauのソフトウェア更新機能「ケータイアップデート」を開始する。

photophoto 「EXILIMケータイ W63CA」(左)と「Woooケータイ W63H」(右)

 W63CAとW63Hで発生する恐れのある事象は、アラームが設定時刻に鳴らなかったり、スケジュールやタスクリストなどに設定したアラームが鳴らなかったりする場合があるというもの。KDDI広報部によると、「アラームの設定時刻と自動時刻補正が一致した場合のソフトウェアに不具合があったため」という。

 なお、上記の事象が発生しても、データが破損したり消失したりすることはない。

 ユーザーはケータイアップデートを起動するか、受信した「auのお知らせ」から画面のガイダンスに従ってソフトウェアを更新できる。ケータイアップデートの所要時間はW63CAが最大15分、W63Hが最大10分。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう