ニュース
» 2008年12月02日 15時04分 UPDATE

ゴージャスケータイ「VERTU」、2月に日本市場に参入――ドコモのMVNOで

Nokia傘下の高級携帯電話ブランドとして知られる「VERTU」が、ドコモ網を利用したMVNOとして日本市場に参入。2009年2月19日、銀座に旗艦店をオープンし、端末の予約販売を開始する。

[後藤祥子,ITmedia]

 ラグジュアリー携帯電話の製造・販売を手がけるNokia傘下の英Vertuが、NTTドコモの回線を利用したMVNOとして携帯電話事業に参入すると発表した。

 2009年2月19日に日本の第1号直営店となる「Vertu銀座フラッグシップストア」をオープンし、同日からVERTUブランド端末の予約販売を開始する。

 Vertu銀座フラッグシップストアで取り扱うのは、高級素材のみを使って専属職人が組み立てた「シグネチャー」、スポーツカーからヒントを得て素材やデザインを追求した「アセント・ティー・アイ」の2つのコレクション。アセント・ティー・アイについては、端末に自動車メーカー、フェラーリの“跳ね馬”の紋章をあしらった限定特別モデル「アセント・ティー・アイ フェラーリ」の販売も予定している。

 同社は2009年第2四半期(2009年4月から6月)をめどに、プレミアムメンバーシップサービスの「VERTU Club」を開始する予定で、予約した端末は同サービス開始後に届けられる。なお、希望者には、3Gに対応したSIMロックフリー端末を先行販売するとしており、VERTU Clubがスタートするまで音声通話のみを利用できる。

 VERTU端末向けのサービスは、VERTU Clubを通じて提供する予定で、EメールやWeb、コンシェルジュなどのサービス概要については、別途発表するとしている。

 端末価格は、シグネチャーの「ステンレススチール」が121万円、「イエローゴールド」が335万円、「ホワイトゴールド」が370万円。なお、同コレクションの「プラチナ」は価格未定となっている。

sa_vt03.jpgPhoto Signature Collectionのイエローゴールド(左)。フロントを覆うサファイヤクリスタルは、2000℃の溶鉱炉の中で2週間以上かけて生成したもの。ダイアモンド刃先の工具のみで切削・研磨加工できる硬度を誇り、傷つく心配がほとんどないという。右はNew Signature Collectionのステンレススチール、イエローゴールド、ホワイトゴールド

 W-CDMA/GSMに対応し、オートフォーカス対応の300万画素カメラを搭載したアセント・ティー・アイは、「レッドレザー」「ブラックレザー」「ブラウンレザー」がそれぞれ67万円、「メタリックグレー・レザー」「パープルレザー」が80万円。

 アセント・ティー・アイ フェラーリは、ボディにブラックフィニッシュチタンを採用し、側面にナールラバーとチタンを採用した限定モデルの「ブラックレザー」が110万円。スペシャルモデルは、側面にレッドレザーをあしらった「アセント・ティー・アイ フェラーリ ロッソ」、イエローレザーを採用した「アセント・ティー・アイ フェラーリ ジャッロ」の2モデルが用意され、価格は94万円。

sa_vt01.jpgPhoto スポーツカーからヒントを得てデザインされたアセント・ティー・アイ(左)。自動車メーカー、フェラーリとのコラボレーションモデル「アセント・ティー・アイ フェラーリ」の販売も予定している

富裕層向け市場に可能性――英Vertu

 英Vertuが手がける携帯電話は、最も安いモデルでも68万円という高価なモデルで、海外ではコンシェルジュなど付加価値の高いサービスと合わせて、富裕層向けに展開している。

 ラインアップする端末も、素材やデザインにこだわっており、シグネチャーはフロントフェイスを「サファイヤの海」と呼ばれるサファイヤクリスタルで覆い、ダイヤルキーに合計4.75カラットのジュエルベアリングを採用するなど、厳選した素材のみで作られている。

 アセント・ティー・アイは、スポーツカーからヒントを得て開発した端末。ダッシュボードの計器を連想させるオンスクリーンクロノグラフや、ダイヤルキーのオフセット照明を端末に取り入れ、ボディの素材にはスポーツカーのエンジンに使われるハイパフォーマンスチタンを採用した。

 アセント・ティー・アイ フェラーリは、フェラーリ最新モデルの内装に使われたレザーとステッチを端末にあしらった特別モデル。バッテリーカバーにはフェラーリ特有のスィーピングボンネットのディテールを反映させ、端末側面にエンジン上部のルーバーを思わせるメッシュ状のスリットをレイアウトするなど、フェラーリの世界観を携帯電話のデザインで表現している。着信音はミュージシャンのデイヴ・スチュワートが手がけ、フェラーリのエンジン音をミックスした曲も用意するなど、コンテンツにもこだわった。

 こうした従来の日本にはなかった端末・サービスの提供で、新規参入する英Vertuだが、日本市場では、端末の出荷台数が冷え込む傾向にあり、11月27日には英Vertuの親会社にあたるNokiaが、日本市場向け端末の開発・販売を終了すると発表している。

 市場環境が良好とは言えない時期に参入することについて、Vertuは「数年にわたる市場調査を行った上で日本市場への参入を決めた。(マス向け端末を提供するNokiaとは)顧客もビジネスモデルも戦略も異なり、富裕層に向けた携帯電話サービスは、日本市場でも可能性があると見ている」(Vertu広報)としている。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.