ニュース
» 2008年12月03日 14時40分 UPDATE

ACCESS、ドコモのLinux端末向けオペレータパックを開発

ACCESSは12月3日、ドコモのLinux端末向けオペレータパックを開発すると発表した。2009年後半の完成を目指して開発を進める。

[ITmedia]

 ACCESSは12月3日、Linux端末向けオペレータパックの開発を請け負うことでNTTドコモと合意し、契約を結んだと発表した。両社は7月にオペレータパックの基本仕様作成についてコンサルティング契約を結んでおり、これが開発フェーズに移行したことから開発契約を締結。2009年後半の完成を目指して開発を進めるとしている。

 オペレータパックは、ドコモが独自で提供するiモードなどのサービスを搭載するのに必要なソフトウェアをパッケージ化したもので、国内外の端末メーカーがキャリア仕様のサービスを容易に組み込めるようにすることを目指してドコモが開発を進めている。

 ACCESSが開発するオペレータパックは、Linux OSの普及促進団体「LiMo Foundation」の仕様に準拠しており、LiMoベースの端末を開発するメーカーは、オペレータパックを利用することでドコモ仕様の端末を開発しやすくなる。

Photo オペレーターパックの実装イメージと効果(写真はCEATEC JAPAN 2008、ドコモ 辻村清行氏の講演のもの)

関連キーワード

NTTドコモ | LiMo Foundation | ACCESS | LiMo | Linux | iモード


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう