速報
» 2008年12月15日 11時04分 UPDATE

SuicaやPASMOの履歴で交通費申請も――KDDIのSaaSに新サービス

[ITmedia]

 KDDIとマイクロソフトは12月11日、両社が提供するパートナー支援プログラム「Business Port Support Program」を通じて、GCT研究所がSaaS型業務アプリケーションの提供を開始すると発表した。

 GCT研究所が提供するのは、交通費の精算処理をサポートする「Just-iS」(ジャスティス)。従業員の交通費の申請から上長の承認、経理部門のチェック、振込精算までの一連の業務をWeb上で行えるようにするもので、社員はSuicaやPASMOなどのICカードや携帯電話から交通費データを読み取り、ファイルをアップロードすることで交通費の精算を行える。

 履歴データから私用の利用分を排除する機能や訪問先・プロジェクトごとの管理機能、原価コード付与機能、一括入力機能を装備しており、経理業務をサポートするとともに、申請やチェックにかかる時間を短縮できるという。

 月額利用料金は1ユーザーあたり980円で、これに利用する業務のメニュー料金が付加される。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう