レビュー
» 2008年12月15日 18時57分 UPDATE

「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」の“ここ”が知りたい(2): 第2回 閉じたまま通話できる?――「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」

「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」は、タッチパネルやモーションコントロールセンサーを使った直感的な操作ができる。今回はWebブラウズ中に横画面で文字入力できるか、閉じたまま通話や新着メール確認ができるか、などについて調べた。

[田中聡,ITmedia]
photophoto タッチパネル対応の「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」。本体カラーは「シルバー」「レッド」「ピンクゴールド」「ブラック」

質問:2タッチ入力には対応しているか

 「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」の文字入力は、初期設定ではかな入力となっているが、2タッチ入力(ポケベル入力)に変更できる。文字入力画面で「メニュー」→「入力/変換設定」→「入力方式」で「ポケベル」を選択すればよい。

photophoto

質問:検索窓の文字入力は横画面でできるか

 931SHはモーションコントロールセンサーを搭載しており、本体を縦から横に回転させると横画面表示に切り替わる。では、横画面でケータイサイトやPCサイトを閲覧しているときに、検索窓の文字入力も横画面でできるのだろうか。

 横画面では、検索窓をタップすると横向きの入力画面になり、横画面のまま文字入力できる。入力を終えたら「検索」をタップすればよい。これはケータイサイトもPCサイトブラウザも同様だ。

photophotophoto 横画面のまま検索窓で文字入力できるので、入力時だけ本体の向きを変える必要はない。本体を縦向きに戻すと、縦向きの入力画面に切り替わる

質問:フォトライトの点灯方法は

 懐中電灯として使えるフォトライトはどのキーから点灯できるのか、という質問が寄せられた。931SHのフォトライトは、受画面左下に表示されているダイヤル入力アイコンの長押しで点灯する。

 つまり931SHでフォトライトを点灯させるには、スライドオープンするかサイドキーを押すかして、まずはディスプレイのバックライトを点ける必要がある。本体を閉じたままサイドキーの長押しでライトを点灯できた従来機種よりも、少々手間がかかるといえる。

photophoto 本体を閉じたままでもサイドキーでバックライト点灯後、ダイヤルアイコンの長押しでフォトライトを点灯できるが、ディスプレイのバックライトを点ける分、従来機種よりもワンステップ多い。点灯したライトはほかのキーを押すと消灯する

質問:PCサイトブラウザの最大表示容量は

 PCサイトブラウザで読み込めるページの最大容量はどれくらいか、という質問も寄せられた。931SHのPCサイトブラウザで表示できる1ページあたりの最大容量は、1Mバイトとなっている。ちなみに、同時期に発売された「930SH」の最大表示容量も1Mバイトだ。

質問:本体を閉じたまま通話できるか

 931SHはスライドの開閉にかかわらず同様の操作ができ、通話も例外ではない。閉じた状態で着信した場合、画面に表示された「応答」をタップするとそのまま通話できる。通話を終えるには「通話終了」を押せばよい。

 誤操作防止のロックをしている状態で着信した場合、閉じた状態ではロック解除をしないと応答できないが、スライドを開くとロックは自動解除され、発話キーを押すことで応答できる。

photophotophoto 画面下に表示された「応答」をタップして通話できる。消音、留守録、拒否、保留も可能だ(写真=左)。終話後は「通話終了」か電源アイコンをタップすると終了する(写真=中)。誤操作ロック時に着信したら、いったんロックを解除してから応答する(写真=右)

質問:閉じたまま新着メールを確認できるか

 通話の応答と同様、931SHでは閉じたまま新着メールの確認もできる。メール受信したときに表示される画面で「確認」を押すと受信ボックスにアクセスでき、すぐに新着メールを確認できる。誤操作防止ロックしているときは、ロックを解除すればアクセスできる。

 ただし、メール受信を知らせる画面は、数秒がたつと待受画面に戻ってしまう。その場合、待受画面の「インフォメーション」エリアに表示される「新着メール:1通」をタップするか、(すでにインフォメーションエリアにカーソルが合っているので)決定キーを押すと新着メールにアクセスできる。

photophotophoto メール受信直後に表示される「確認」をタップして受信ボックスにアクセスする(写真=左、中)。メール受信してから数秒がたつと、待受画面に戻ってしまうので、インフォメーションエリアからメールにアクセスする(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.