ニュース
» 2008年12月17日 17時01分 UPDATE

「WILLCOM LU」のメール機能などに不具合――東芝、バージョンアップ用ソフトを公開

ウィルコムの東芝製端末「WILLCOM LU」に不具合があることが判明。ウィルコムと東芝は、バージョンアップ用ソフトウェアで対応する。

[田中聡,ITmedia]
photo 東芝製の「WILLCOM LU」

 東芝は12月17日、ウィルコム向けPHS端末「WILLCOM LU」の不具合を改善するバージョンアップ用ソフトウェアを公開した。

 アップデートで改善される不具合は以下のとおり。

  1. 電話機の機能設定中やブラウジング中に、動作が不安定になる場合がある。
  2. メールを正常に受信したにもかかわらず、「センターにEメールがあります」と表示される場合がある。
  3. パーソナルメニューに登録したメニューの一部が選択できない場合がある。

 ユーザーは「メインメニュー」→「基本設定」→「ソフトウェア更新」からアップデートできる。ソフトウェア更新は、ソフトウェアのダウンロードと更新の2段階で行なわれ、全体で10分程度かかる。ソフトウェア更新にかかる情報料と通信料は無料となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう