調査リポート
» 2008年12月22日 15時56分 UPDATE

リサイクルでケータイを手放すのは「悲しい」 2割超に

アイシェアが、携帯電話のリサイクルに関する意識調査の結果を発表。6割が機種変更時に古い端末を持ち帰るといい、2割超が「端末を手放すのは悲しい」と回答している。

[ITmedia]

 アイシェアは12月18日、「携帯電話リサイクル義務化に関する意識調査」の結果を発表した。調査は11月1日から同3日まで、同社の無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に実施したもので、有効回答数は433人。

 調査によれば、携帯電話の機種変更を行う時、古い端末を「必ず持って帰っている」人は61.0%、「場合によっては持って帰る」人は25.4%で、合わせて86.4%の人が「持って帰る」と回答している。

 携帯リサイクル回収の義務化については、「どちらかといえば反対」が15.9%、「反対」が26.3%。これに対して「賛成」は13.2%、「どちらかといえば賛成」は21.2%で、反対派が42.3%と賛成派の34.4%を8ポイント上回った。

 携帯端末を手放すことについてどう思うかという問いには、22.4%が「悲しい」、47.1%が「ちょっと悲しい」と回答。合わせて69.5%が悲しいとしており、使い慣れた端末に愛着を持つ人が多いことが分かった。なお性別、年代別では、女性が78.6%、30代が75.3%と、「悲しい」「ちょっと悲しい」とする人が多かった。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.