ニュース
» 2008年12月24日 14時46分 UPDATE

「F-01A」のソフト更新開始――カメラ関連の不具合を改善

ドコモは、富士通製の「F-01A」にカメラが起動できなくなるなどの不具合があることを公表し、ソフトウェア更新を開始した。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「F-01A」

 NTTドコモは12月24日、富士通製の「F-01A」にカメラ関連の不具合があることを発表し、改善するソフトウェア更新を開始した。

 今回明らかになった不具合は、

  • カメラを起動しようとすると「回復できないエラーが発生したため終了します」というエラーが表示され、電源をオフするまでカメラが起動できない

 というもの。

 ソフト更新にはそのほかに、端末をより快適に利用するための内容も含まれているという。ソフト更新は、あらかじめ設定した時間(初期設定では午前3時)に自動で行うほか、ユーザーが好きな時間に手動で行うこともできる。更新に必要な時間は約5分。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう