ニュース
» 2008年12月24日 16時37分 UPDATE

FOMA端末が全国で使える内線電話に――ドコモ、法人向け内線サービスを2009年夏に提供

NTTドコモは12月24日、PBXとドコモ網を接続し、FOMA端末とオフィスの内線電話間での内線通話を可能にする「全国型内線サービス(仮称)」を2009年夏から提供する。

[ITmedia]

 NTTドコモは12月24日、FOMAとオフィスの内線電話機との間で、内線通話を可能にする「全国型内線サービス(仮称)」を、2009年夏をめどに提供すると発表した。

 同サービスを導入することで、同一法人ユーザーであれば(1)FOMAとオフィスの内線電話機(2)FOMAとFOMA の通話を内線番号で利用可能になる。また、FOMAエリア内なら、場所を選ばずFOMA端末を内線電話のように使うことができ、内線グループ内の通話は定額料金で利用できる。

 このサービスは、社内のPBXをドコモ網に接続することで実現しており、PBXを設置していないオフィスについてはドコモがPBX機能を提供することも可能としている。

 対応機種は音声通話に対応するFOMA端末で、利用料金は別途発表する予定。問い合わせは、ドコモの法人営業担当、ドコモビジネスオンラインのホームページで受け付ける。

Photo サービスイメージ

 ドコモは法人向け内線サービスとして、企業IP内線システムの「PASSAGE DUPLE」や、屋内基地局設備(IMCS)を利用した構内通話サービスの「OFFICEED」、音声定額サービスとして「ビジネス通話・ホーダイ」を提供しているが、利用エリアが狭く、端末が限定されるなどの課題があったという。ドコモによれば、全国型内線サービス(仮称)は、「こうした法人向けサービスの“おいしいところ”を1つにまとめ、幅広い端末、より広いエリアで利用できるようにする」(ドコモ広報)ことが狙いだという。

 なお、同様の法人向けサービスは、ウィルコムが「W-VPN」を提供しており、ソフトバンクモバイルが「ホワイトオフィス」、KDDIが「KDDI ビジネスコールダイレクト」を来春にも提供する予定だ。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう