レビュー
» 2008年12月25日 18時00分 UPDATE

「WILLCOM D4+MapFan Navii」は、どこまで“カーナビ”になるか(後編) (1/3)

WILLCOM D4+「MapFan Navii」は、“カーナビ”として実用域に達しているのか。今回は通信機能を標準で備え、“新つなぎ放題”プランでデータ通信も定額で利用できるWILLCOM D4“ならでは”の付加機能を中心に試す。

[坪山博貴,ITmedia]

(前編へ戻る)

“WILLCOM D4”ならではの付加機能は?

photo 上が一般カーナビの「楽ナビ AVIC-HRV22」(7インチワイドディスプレイ)、下がWILLCOM D4+MapFan Navii

 MapFan Naviiは地図データ全般を本体のHDDにインストールする仕様なので、単にナビゲーション機能だけを使用するだけならインターネット接続は必須ではない。ただ、WILLCOM D4に“標準”で備わる通信機能を生かし、通信カーナビとして利用しない手はない。

 インクリメントP提供の「MapFan Navii 通信オプション」は月額388円が必要だが、2009年1月末まで無料で利用できるサービス期間が設けられている。通信カーナビとして利用できる機能は「VICS渋滞情報表示(オンデマンドVICS)」「駐車場満空情報検索」「ガソリンスタンド情報」「MapFan ch」の4つ。いずれも最新情報をインターネット経由で取得できるのが特徴だ。

 駐車場満空情報検索は、主にコインパーキングの空車、満車の状況とともに料金などの詳細を表示。ガソリンスタンド情報はユーザー投稿を基本とするガソリン価格情報をチェックできる。この2つは“現在地の周辺情報”として検索できるので、シームレスに周辺の最新情報をチェックできるのが非常に便利だ。もちろん、離れた任意の場所の情報も調べられる。

photophoto 渋滞情報の表示は、“いまどきのカーナビ”ではおそらく必須の機能。ただ、渋滞情報の表示は地図の視認性を少し損ねる側面もあるため、細かく表示内容をカスタマイズできるようになっている(左)。周辺の駐車場とガソリンスタンド情報は、ガソリン価格や営業時間といった付加情報とともに最新情報を取得できる。ここは通信機能を標準で備える仕様ならではである(右)
photo

周辺ガソリンスタンドのガソリン価格を一覧表示できる。(画面では「R108」がレギュラー108円、「H127」がハイオク127円を示す)「★」マーク付きの情報が1日以内に更新された情報を意味する

photophoto (日本全国すべてではないものの)ガソリンスタンド情報の詳細を見ると、営業時間やサービス形態(セルフなど)も調べられる

 駐車場満空情報は、施設によって曜日による料金の違いや長時間駐車時の割り引き、クレジットカード対応か否かといった情報も確認できる。駐車場の利用が多いユーザーなら、安価なコインパーキングを探して利用するだけでオプション料金分の“モト”は取れてしまいそうだ(都市圏では裏道に1本入るだけで安価な駐車場があったりするので……)。

photophoto ある駐車場情報の「コインパーキング空車・満車情報」(左)と通常検索した詳細情報(右)。同じ駐車場だが、最新情報を取得した左の「コインパーキング空車・満車情報」は情報が少し異なっている。おそらく最近リニューアルと値下げが行われ、情報も更新されたためだと思われる
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう