ニュース
» 2008年12月26日 16時26分 UPDATE

大晦日から元日の約2時間、あけおめコール・メールは自粛を――携帯各社が呼びかけ

携帯キャリア各社が大晦日から元旦の約2時間、おめでとうメールやコールを自粛するよう呼びかけている。

[ITmedia]

 電気通信事業者協会と携帯キャリア各社が、大晦日から元旦にかけての約2時間、おめでとうメールやコールを自粛するよう、ユーザーに協力を呼びかけている。

 大晦日から元日にかけては、午前0時前後から0時30分頃をピークとする約2時間、「おめでとうコール」や「おめでとうメール」が集中し、ケータイがつながりにくくなることが予想されるという。電気通信事業者協会とNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイルのケータイキャリア5社は、この時間帯の利用を控えるよう呼びかけるとともに、ケータイの利用を一時的に制限する場合もあるとアナウンスしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.