ニュース
» 2009年01月07日 15時43分 UPDATE

ドコモの「iD」が1000万会員を突破

ドコモは、主におサイフケータイで利用する後払い電子マネー「iD」の利用者が、2008年末に1000万会員を突破したことを発表した。2005年11月のサービス開始から約3年での達成。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは1月7日、後払い電子マネー「iD」の会員数が2008年12月末に1000万を突破したと発表した。iDは2005年12月のサービス開始後、利用者が2006年10月に100万、2007年11月に500万を突破。約3年で1000万会員を達成した。

photo iD会員数と対応決済端末台数の推移

 iDは、主におサイフケータイで利用するクレジットサービス。ドコモはiDの急激な普及について、利用可能な端末や対応するカード会社、決済できる店舗の充実が背景にあるとしている。

 おサイフケータイの契約数は3000万契約を超え、ドコモ契約者のうち約6割がおサイフケータイを利用しているという。また対応するカード会社も、DCMXを発行するドコモはもちろん、三井住友カードをはじめとするVJAグループ各社(VISA)、イオンクレジット、クレディセゾン、オリエントコーポレーション、ライフ、セントラルファイナンス、ファミマクレジット、大和ハウスフィナンシャルなど合計68社を数える。カード会社によっては、おサイフケータイだけでなく、クレジットカード一体型やiD専用カードなどのプラスチックカードも発行している。

 iDでの決済が可能な店舗は全国で約39万台あり、コンビニエンスストアではam/pm、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスの全店で利用できるほか、イオンやマクドナルドへの導入も開始。そのほか、コカ・コーラなどの自動販売機、タクシー、家電量販店などで利用できるようになった。

 さらに2007年7月からは、ネットショッピングの決済方法としても利用可能となったほか、2008年夏からはグアムや中国(上海)でも利用できるようになった(2008年5月の関連記事)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.