速報
» 2009年01月08日 14時37分 UPDATE

アイピーフレックス、3GPP-LTE対応の受信部ベースバンドLSIを試作――ドコモから受託

[ITmedia]
Photo

 アイピーフレックスは1月7日、3GPP-LTE方式に適用できる受信部ベースバンドLSIの設計をNTTドコモから受託したことを発表した。ドコモは3GPP-LTE方式の次世代移動通信サービス「スーパー3G」を2010年度後半に投入する予定としている。

 アイピーフレックスは3GPP-LTEの要求条件である下り100Mbpsのデータ伝送を実現するための「2x2-MIMO信号分離回路」に、「TURBOデコーダ回路」を追加したベースバンドLSIを試作。低消費電力化を目指して回路化を考慮したCプログラムでの最適化、固定小数点化におけるビット精度の最適化を図り、低消費電力レイアウト設計サービスを提供するエイ・アイ・エルの協力を得て、物理設計レベルでの最適化も行った。

 消費電力が改善された富士通マイクロエレクトロニクスの65ナノメートルCMOSスタンダードセルを採用しており、NTTドコモの実験では、約100Mbpsのデータ伝送を40mW以下の低消費電力で実現できることが実証されたという。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう