ニュース
» 2009年01月09日 13時43分 UPDATE

“契約は親名義、使うのは子供”でもフィルタを自動で適用――auケータイに「利用者登録制度」

KDDIは2月9日から、携帯電話の契約者と利用者が異なる場合でも、利用者の年齢に応じたサービスを受けられるようにするためのサービスとして「利用者登録制度」を開始する。

[ITmedia]

 KDDIは2月9日から、携帯電話の契約者と利用者が異なる場合でも、利用者の年齢に応じたサービスを受けられるようにするためのサービスとして「利用者登録制度」を開始する。

 この制度は、親の名義で契約した携帯電話を子供が利用する場合でも、利用者の年齢に応じたサービスを受けられるようにするための施策として導入するもの。例えば未成年者向けのフィルタリングは2月以降、親権者からの申し出がない場合には18歳未満の利用者に自動で適用されるが、現状、親の名義で登録した携帯電話には自動で適用されない。利用者登録制度で子供の生年月日を登録すれば、親名義の携帯を子供が利用する場合でも、自動でフィルタリングが適用されるようになる。

 KDDIではほかにも、(1)20歳以下のユーザーの「まとめてau支払い」の利用限度額を1万円/月に設定(2)年齢に応じたアクセスの可否、コンテンツ・商品の販売可否を判定するサイトにアクセスする際の年齢判定(3)CDMA 1X専用割引サービス「ワイドサポート」の適用可否を判定 などで登録情報を利用できるとしている。

 登録はau取扱店で行え、登録にあたっては保険証や住民票など、利用者の本人確認用書類が必要。なお、auまとめて支払いの利用限度額の判定・設定、年齢制限があるコンテンツへの意図しないアクセス防止の2つのサービスについては、2月17日から提供を開始する。

18歳未満のフィルタリング、2月10日から適用

 KDDIは、18歳未満の利用者に対するフィルタリングサービス「EZ安心アクセスサービス」の適用時期についても合わせて発表した。

 KDDIではフィルタリングの対象となる契約者の親権者に対して、EZ安心アクセスサービスの利用に関する意思確認を行っており、1月31日までに「不要」の申し出がない場合は2月10日から順次適用を開始。中学生以上の契約者には「EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース」、小学生以下の契約者には「EZ安心アクセスサービス 接続先限定コース」を適用する。

 適用の対象となるのは(1)2009年2月28日時点で18歳未満の個人の契約者(2)2008年1月31日以前に「EZweb」をご契約したユーザー(3)2008年9月30日時点で「EZweb利用制限」または「EZ安心アクセスサービス」を利用していないユーザー。

関連キーワード

au | 子供 | フィルタリング | KDDI | 年齢制限 | 未成年


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう