ニュース
» 2009年01月16日 09時13分 UPDATE

HotmailがPOP3対応、携帯電話でも利用可能に

MicrosoftのHotmailがPOP3対応に。またWindows Live Calendarがβ版から正式版に移行した。

[ITmedia]

 米Microsoftは1月15日、HotmailをPOP3に対応させたことを明らかにした。日本を含む9カ国のユーザーは既に利用できる。そのほかの国についても、年内に徐々に導入していく計画という。

 これにより携帯電話やPCのメーラーでHotmailを受信したり、WebのHotmailでほかのアカウントのメールに接続できるようになった。POPサーバは「pop3.live.com」、SMTPサーバは「smtp.live.com」。

 またMicrosoftは、β版だった「Windows Live Calendar」が、同日正式版になったと発表した。日本語を含む45カ国語以上に対応する。

 新バージョンでは、to-doリスト、共有カレンダーやほかのカレンダーのサポート、連絡先に登録した友人の誕生日などの表示、Hotmailなどとの統合性の向上などが図られている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.