ニュース
» 2009年01月27日 16時34分 UPDATE

App Town 天気:ウェザーニューズ配信の気象情報をiPhoneアプリで──「ウェザーニュース タッチ」

さまざまなメディアに向けて気象情報を提供しているウェザーニューズが、iPhone/iPod touch用アプリ「ウェザーニュース タッチ」の配信を開始した。価格は無料で、天気予報、雨雲レーダー、衛星の3チャンネルが用意されている。

[園部修,ITmedia]

 ウェザーニューズが1月27日、iPhone/iPod touch用アプリ「ウェザーニュース タッチ」の配信が始まったと発表した。App Storeからダウンロードできる。料金は無料。

 ウェザーニュース タッチは、PCや携帯電話、テレビ、電車の中などさまざまなメディアに向けて細かな気象情報を提供しているウェザーニューズが開発したアプリ。今回配信されたバージョンでは、「天気予報Ch.」「雨雲レーダーCh.」「衛星Ch.」の3つのチャンネルが用意されている。同社のサービスとして人気の高い、季節や生活に密着した情報も、新たなチャンネルとして順次オープンしていくという。

 天気予報Ch.では、全国の天気予報、解説コメントなどが見られるのはもちろん、ピンポイント天気検索などにも対応。天気を解説する動画番組「ウェザーニュース Update」やライブカメラの映像も視聴できる。天気予報は今日/明日が簡単に選択できるほか、天気や気温や風速をタップやフリック操作で切り替えられるなど、iPhone/iPod touchならではの操作を生かしている。

 雨雲レーダーch.では、雨雲の様子をズームイン/ズームアウト操作で簡単に確認できる。サイズは日本全国から各エリア、都道府県の3段階が選択可能。10分ごとに最大50分前までの雲の様子を確認できるほか、6時間先までの雨雲の動きも確認できる。

 衛星Ch.では、気象衛星から送られてきた雲の映像を12時間前までさかのぼって閲覧可能。雲が動く様子や雲の形などをiPhone/iPod touchの大きな画面で見ることができる。

Photo 「ウェザーニュース タッチ」の画面。左から起動画面、天気予報Ch.、雨雲レーダーCh.、衛星Ch.。天気予報Ch.では動画番組「ウェザーニュース Update」やライブカメラの映像なども視聴できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.