ニュース
» 2009年01月28日 18時02分 UPDATE

ドコモ、全国で「水濡れケータイ データ復旧サービス」開始──復旧成功で5250円

ドコモは、水に濡れて故障した携帯内のデータを復旧するアフターサービス対象地域を全国に広げる。料金はデータ復旧成功時に5250円。

[ITmedia]

 NTTドコモは1月28日、関東・甲信越地域、九州地域など一部地域で提供する「水濡れケータイ データ復旧サービス」の対象地域を全国に拡大すると発表。2月1日から全国のドコモショップで利用できるようにする。

 水濡れケータイ データ復旧サービスは、水濡れにより電源が入らなくなった端末から、アドレス帳やメール、ブックマーク、写真、テキストメモなどのデータを復旧するサービス。料金はデータ復旧成功時に5250円、復旧に2週間ほどの期間を要する。データ復旧作業の過程で端末の分解などを行うため、預けた携帯は復旧の成否にかかわらずドコモ側で内部部品の粉砕処理を行ったのち、廃棄処分となる

 対象は一部機種(HT-02A、HT-01A、F905iBiz、F903iBSC、NM706i、NM705i、D880SS、NM850iG、F1100、HT1100、M1000)を除くFOMA端末。ドコモショップの故障受付窓口で水濡れ診断した端末であり、かつ契約の継続意思があるユーザー、ユーザー本人の所有物であること、預けた端末の廃棄処分に了承することが提供条件となる。正常な状態でバックアップできないダウンロードデータやおサイフケータイ用ICデータは対象外とし、復旧したデータはCD-Rに記録され、ユーザーに渡される仕組み。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.