ニュース
» 2009年01月29日 11時02分 UPDATE

フルチェンケータイ第2弾は、スワロフスキーモデルも用意する個性派――「T001」

東芝から登場したフルチェンケータイ第2弾の「T001」は、フルワイドVGAの3.1インチ有機ELと手ブレ補正+顔検出AF対応の5Mカメラを搭載。ボディカラーもスワロフスキーやカイマン柄、ミラーデザインを備えるなど個性的だ。

[平賀洋一,ITmedia]

 東芝製の「フルチェンケータイ T001」は、auのフルチェンケータイ第2弾モデル。ボディカラーは、スワロフスキー製クリスタルの“CRYSTALLIZED-Swarovski Elements-”を埋め込んだ「Crystal Pink」、カイマン柄の「Exotic White」、ミラーデザインの「Stars Black」の3色をラインアップ。コラボモデルにも順次対応し、それぞれのカラーパーツをPCやケータイ上でシミュレートして購入できる「フルチェンシミュレーター」も、発売に合わせてオープンする。

Photo 東芝製の「フルチェンケータイ T001」
photophotophoto T001

photophotophoto 「Crystal Pink」「Exotic White」「Stars Black」の標準3色に加え、メインパーツ・キーパーツ・電池カバーの各パネルを5色づつ用意(別売り)。合計1500パターン以上の組み合わせを楽しめる

 メインディスプレイには、ワンセグやLISMO Videoを高精細かつ色彩豊かに表示する3.1インチのワイドVGA有機ELを採用。さらに、映像に応じて輝度をコントロールするモバイルレグザエンジンを内蔵し、暗いシーンがある映像コンテンツも自然でより明るい色合いに表現する。

 カメラは、手ブレ補正や顔検出に対応したAF付き有効515万画素CMOSを採用した。季節に合わせたコンテンツにアクセスできる季節メニューや海外でもそのまま使えるグローバルパスポートCDMAに対応。そのほか、FMラジオやBluetooth、ダウンロードフォント、トウシバ犬ガジェット、カチャブルなども備える。

sa_t01.jpgPhoto

sa_t03.jpgPhoto

Photo
「フルチェンケータイ T001」の主な仕様
機種名 T001
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×108×17.3ミリ
重さ 約140グラム
連続通話時間 220分
連続待受時間 220時間
アウトカメラ AF、手ブレ補正、顔検出機能付き有効515万画素CMOS
インカメラ -
外部メモリ(確認済み最大サイズ) microSD(2Gバイト)
メインディスプレイ 約3.1インチフルワイドVGA(480×800ピクセル)有機EL
サブディスプレイ 約0.5インチ(60×32ピクセル)有機EL
主な対応サービス・機能 フルチェン(ナカチェン+ソトチェン)、グローバルパスポートCDMA、ワンセグ、Bluetooth、LISMO Video、FMラジオ、Bluetooth、ダウンロードフォント、トウシバ犬ガジェット、カチャブル、3Dメール。絵文字お好みパレット ほか
ボディカラー Crystal Pink、Exotic White、Stars Black

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.