ニュース
» 2009年01月30日 14時28分 公開

新規2年契約で端末代1万5750円をサポート――ソフトバンク、「スマート一括」を正式導入

ソフトバンクモバイルが、一部店舗で試験的に運用していた販売方式「スマート一括」を正式導入すると発表。1月30日から申し込みの受付を開始した。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは1月30日、一部店舗で試験的に運用していた販売方式「スマート一括」を、正式導入すると発表した。

 スマート一括は、ソフトバンクモバイルが指定した端末で新規契約する際、2年契約を合わせて申し込むと、端末代金から1万5750円を割り引くという施策。対応料金プランはホワイトプランのみで、基本料金からの月々の割引はない。端末代金のうち3150円が3カ月後に請求されるが、月々の基本料金の支払いにクレジットカードを選ぶと、3150円を割り引く「クレジット割引」も用意する。

 開始月から25カ月目で契約更新となり、申し出がない限り2年契約は自動で更新される。また、更新月以外の月に解約したり、2年契約を解除した場合には、9975円の契約解除料が発生する。

 サービス開始当初のスマート一括指定端末は、パナソニック モバイルコミュニケーションズの「830P」のみ。ある都内量販店の店頭では、同端末が「スマート一括 1円」で販売されていた。

Photo スマート一括の対応機種はパナソニック モバイルコミュニケーションズの「830P」
携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう