ニュース
» 2009年01月30日 15時31分 UPDATE

ドコモ、2Gサービスを2012年3月末に終了

ドコモは同社の2Gサービス「ムーバ」と「DoPa」を2012年3月31日に終了する。

[ITmedia]

 NTTドコモは、第2世代の通信サービス「ムーバ」と「DoPa」を2012年3月31日に終了すると発表した。同社は次世代高速通信に経営資源を集中させることを理由に、ムーバDoPaの新規受付を終了していた。

 ドコモは両サービスを利用しているユーザーに対して、引き続きFOMAへの移行を案内するとし、ムーバからFOMAへの移行については、事務手数料を無料にするほか、一部機種を割引価格で提供する。DoPaからFOMAへの移行についても、事務手数料を無料とするほか、キャッシュバックキャンペーンを実施している。

 なお、ムーバとDoPaの終了に伴い、自動車電話サービスやぷりコール、デュアルネットワークサービスなどの関連サービスも終了。2009年3月31日には「WORLD WING 海外専用カード」「DoPa位置情報サービス」「フリーナンバー」「ショートメール」「三者通話サービス」「ナンバープラス」「デュアルネットワークサービス」「DoPa大口割引」の新規受付を停止する。

 ドコモはムーバのサービスを1993年3月25日にスタートし、最初の端末として「デジタルムーバF」「デジタルムーバN」「デジタルムーバP」の3機種を投入。2003年8月には4440万8400契約を獲得するなど人気を博したが、ドコモが3Gサービスとして提供する「FOMA」への移行が進むとともに契約数は減少に転じ、2006年6月18日にはムーバの契約比率が50%を割り込んだ。同社は「3Gサービスに経営資源を集中する」とし、2008年11月30日をもってムーバの新規受付を終了した。

関連キーワード

mova | FOMA | NTTドコモ | 経営


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう