レビュー
» 2009年01月31日 17時37分 UPDATE

写真で解説する「831P」 (1/2)

パナソニック モバイル製の「831P」は、10のワンタッチ機能を搭載したシンプルケータイ「830P」をベースに、デザインを一新。ワンセグを追加したほか、メールなどよく使う基本機能もブラッシュアップし、より使いやすさを追求したモデルに仕上げた。

[太田百合子,ITmedia]

 前モデル「830P」から引き継いだ10の“ワンタッチ”を2つを加え、「12」のワンタッチ機能を搭載したパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「831P」。ワンセグを新たに搭載したことを受け、専用の起動ボタンを追加したほか、よく利用するサイトを登録してダイレクトにアクセスできる「ワンタッチサイト」キーも備わった。

photophoto パナソニック モバイル製の「831P」。カラーはブラック、ゴールド、ピンク、ホワイト、ネイビーの5色で展開。背面のクロス柄のパネル、金属調のパーツの中にある0.77インチの有機ELサブディスプレイと合わせて、光と当たり方によってきらきらと光って見える外観に仕上がっている
photophoto 裏面に200万画素のAFカメラ。ダイヤルキーキーは横から見るとウェーブタイル状になっており、押しやすい

 フルワイドQVGAの3インチ液晶や、有効200万画素のAFカメラといった仕様は830Pと同じ。本体サイズも大きく変わらないが、ワンセグの搭載により厚さが830Pの15.4ミリから15.9ミリ、重さが約114グラムから約115グラムとほんの少し増えている。

 また、830P同様にGPSやおサイフケータイ(S!FeliCa)には対応しない代わりに、ビジネスユースなどに役立つ世界対応ケータイ(3G+GSM国際ローミング)と3Gハイスピード(HSDPA)は搭載。クロスカットパネルを採用した背面パネルとともに本体カラーも一新し、830Pのコアターゲットより10歳ほど若い、30代女性をターゲットに据えている。

photophoto メタル調パネルの中にサブディスプレイがある(左)。前モデルの830Pは1つ1つのキーが独立していたが、831Pは上下が密接したキーを採用。新たに「ワンセグ」と「ワンタッチサイト」、2つのキーが追加された(→)
photophoto
photophoto 本体左側面にワンプッシュオープンボタンとmicroSDスロット、右側面にマナーキーとストラップホールを備える仕様は継承
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.