速報
» 2009年02月02日 07時00分 UPDATE

昭和交通グループ、全タクシーに「iD」「QUICPay」共用決済端末を導入

[ITmedia]

 昭和交通グループは1月30日、矢崎総業、三井住友カード、トヨタファイナンスおよびNTTドコモ北海道支社と協力し、「iD」「QUICPay」の両電子マネーに対応した共用決済端末を、昭和交通グループのタクシー全155台に導入し、2月1日にサービスを開始すると発表した。北海道内のタクシー業界で、複数電子マネーに対応した共用決済端末が導入されるのは、今回が初めてとなる。

 昭和交通グループは、北海道の札幌、千歳を中心に155台を展開するタクシーグループ。今回導入する共用決済端末は、iDおよびQUICPay機能が搭載された各種カードやおサイフケータイをかざすだけで、支払いを完了できる。両電子マネーとも後払い方式のため、事前のチャージやサインが不要となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう