調査リポート
» 2009年02月02日 07時20分 UPDATE

ケータイの買い替えサイクル、半数が「2年以上」

ネプロジャパンとネプロアイティが、携帯電話の割賦販売制度に関する意識調査の結果を発表。携帯電話の買い替えサイクルは半数が“2年以上”と回答し、割賦販売制度のメリットについては“分からない”が半数を占めた。

[ITmedia]

 ネプロジャパンとネプロアイティは1月30日、「携帯電話の割賦販売制度、消費者の反応は?」と題した調査結果を発表した。調査は1月7日、携帯サイト「ザ★懸賞」上で実施したもので、有効回答数は4598人。

 同調査によれば、携帯電話の買い替えサイクルは「2年以上」が50%で最多となり、つづいて「1年〜2年」が47%と、1年以上の買換えサイクルが100%近くを占めた。機種変更、キャリア変更の考えがあるかどうかについては、「ある」という回答が55%、「ない」が45%だった。

 携帯電話の割賦販売制度導入について、自分にとってプラスかマイナスかを聞くと、「プラス」という回答は13%、「マイナス」は27%、「分からない」は60%となった。割賦販売制度のメリットについては「わからない」が51%で最多。以下、「長く利用するとお得」が21%、「通信料が安くなった」が12%で続いた。

 これに対して、割賦販売制度のデメリットについては「携帯電話端末が高い」が38%で最多となり、続いて「分からない」「機種変更をしづらい」がそれぞれ23%、「料金体系が分かりづらい」が8%となった。

関連キーワード

割賦販売 | 携帯電話 | ネプロジャパン


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.