ニュース
» 2009年02月02日 14時18分 UPDATE

携帯からも管理が可能に――「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」の機能を拡張

NTTドコモは、「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」の機能を拡張した。PCからだけでなく、携帯からも「ロック/利用中断操作」「電話帳操作」「遠隔初期化」ができるようになる。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは2月2日、企業で利用する携帯の設定や制御を遠隔で行える「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」の機能を拡張した。

 新たに「iモード管理者」機能を追加し、企業管理者の携帯電話からiモードブラウザを利用して専用Webサイトにアクセスすると、携帯電話からも「ロック/利用中断操作」「電話帳操作」「遠隔初期化」の指示ができる。

 これまで、ビジネスmoperaあんしんマネージャーはPCからしか操作できなかったが、今回の拡張により、ケータイから迅速に対応できるようになる。

 利用料金は、iモード管理者1人あたり月額525円で、90〜106人は月額一律4万7250円となる。また、ビジネスmoperaあんしんマネージャーの月額基本料金として、一括請求グループあたり1050円が発生する。

 申し込みは、ビジネスmoperaあんしんマネージャー郵送用申込書から、またはドコモビジネスプレミアクラブ・サイト(http://www.docomo.biz/club/)から行える。

photo
携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう