連載
» 2009年02月04日 16時04分 UPDATE

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:気分に合わせてタテヨコ使い分け、サクサク撮れるケータイカメラ──「P-03A」 (1/4)

ディスプレイが横に開くWオープンスタイルを採用する、ライトな“VIERAケータイ”が「P-03A」。カメラは3.2Mピクセルで、最近のハイエンドカメラケータイと比べるとスペックはやや劣り、フォトライトは備えないが、その分サクサク動き、Wオープンスタイルで縦と横を気分に合わせて使い分けられる。

[荻窪圭,ITmedia]
photo パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P-03A」(ホワイト)。ヨコオープンで写真を再生。このスタイルで再生できるのはなかなか楽しい

 今回は、ドコモの「P-03A」を試そう。

 P-03Aは「P-01A」と同様に、ディスプレイが横にも開く独特のスタイルを持つ端末で、印象はP-01Aのライトモデルという感じ。仕様はP-01Aの5.1Mに対してP-03Aは3.2Mピクセルと、少し落ちる。ただ、よりコンパクトで軽く、安価。これはこれで悪くない。よりレスポンスよく動くようチューニングしたという。

 一言でいえば、けっこうサクサク撮れて気にいったかも。端末の開き方に応じて縦位置と横位置を撮り分わけられるのがいい。では、もう少し深く見ていこう。

 P-03Aの特徴は、(P-01Aもそうだが)Wオープンスタイルにある。普通に縦に開いて使ってもいいし、ディスプレイを横に開いて横向きで使うのもいい。カメラの起動はいつもの[カメラ]キー選んでもいいし、あるいはヨコオープン時に表示されるヨコオープンメニューから選んでもいい。

 うれしいのは、タテオープンで撮るときは写真が縦位置で、横オープンで撮るときは横位置で記録されること。開く方向で写真の撮影の向きをコントロールできるので、そのときどきで「縦がいい」とか「横にしよう」と決められるのだ。いったん閉じて別の方向に開いてもカメラは起動したのままなので、撮り分けにも苦労はない。

 さらに評価したいのはヨコオープン時のUI。タテオープン時は十字キーの下がAF(オートフォーカス)で決定キーがシャッター(あるいは、決定キーでフォーカス合焦後にそのままシャッターを切る)となる、よくある普通のスタイルだが、ヨコオープン時は[*]キーがAF、[0]キーがシャッターになる(一応、十字キーのAFと決定キーのシャッターも有効のまま)のだ。写真を見ると分かるように、ちょうど親指で押しやすい位置なのである。ディスプレイが上にあるので、下手にデジカメ風にサイドキーを使わせるより、こちらの方がケータイ感覚で撮れて直感的だと感じた。

 しかもヨコオープンだとダイヤルキーがそのまま見えるので、キーショートカット機能も使えるし、そのほかの操作もしやすいメリットがある。タテオープンとヨコオープンで、それぞれ画面デザインが変わる上、ダイヤルキーのショートカットでさっと露出補正やシーン切り替えができるのも便利だ。

photo ヨコオープン時の撮影スタイル。ディスプレイは180度近くまで開くので扱いやすい。画面右に操作ガイドが出るのもなかなか分かりやすい。撮影に使う[*](AF操作)と[0]キー(シャッター)が、親指で押しやすい位置にあるのが分かると思う。また、画面の下にある各調整機能はダイヤルキーのショートカットで直接設定できる
photophoto ヨコオープンメニュー。横向きでも普通に操作できる(左)。撮影モードも豊富。例えば「逆光モード」にしたいときはダイヤルキーの[3]→[7]と押すだけなので、すばやく設定できる(右)
photophoto AFモードは4つ。一番上が「顔検出AF」だ(左)。暗所撮影用の高感度モードもある。画素を混合してノイズを抑える処理をするので、高感度でも“ざらざら感”が少ない写りになる。ただ、この処理のために写真サイズがVGA以下になってしまうのが少し残念(右)

 ただし、ヨコオープン時は詳細に設定するための「機能メニュー」が使えない。タテオープン時は機能メニューを開いて細かい撮影機能設定メニューにアクセスできるが、(確かにそうひんぱんに使うものではないが)タテとヨコで使える機能に差があるのは少々残念である。

photophoto タテオープン時は、ヨコオープン時にはない詳細設定のための「機能メニュー」を操作できる
photophoto 色調切替や手ブレ補正機能も設定可能。意外に豊富な「色調切替」機能。特に後半の4つは、使い分けるといろいろ楽しく撮影できる(右)

 カメラは3MピクセルのAF付き。AF動作はなかなかの速度で、記録時間も最大サイズで最高画質のSuperFine設定でmicroSDに記録して約3秒。意外に高速でサクサク動く印象だ。難点はフォトライトがないことと、それを補うための高感度モードにすると写真がVGAサイズ以下になってしまうことなどがある。

photophoto 3.2MでAFのカメラ。見て分かるとおり、フォトライトは備えない。センサーサイズは公表されていないが、ハイエンドカメラモデル(EXILIMケータイやシャープの8MピクセルCCDモデルとか)に比べると一回り小さいかと思う。microSDスロットは側面にあり、アクセスしやすい
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.